NEWS

ニュース

ニュース/コラム

マテラスカイ坂路51秒0サウジ遠征組が国内最終追い

2021年02月12日 12:30

  • 友だち追加数

<国内最終追い切り>

 20日サウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で行われるリヤドダートスプリント(ダート1200メートル)に出走するマテラスカイ(牡7、森)とジャスティン(牡5、矢作)、サウジダービー(ダート1600メートル)に出走するピンクカメハメハ(牡3、森)の3頭が11日、国内最終追い切りを行った。

 重賞2勝マテラスカイは坂路で4ハロン51秒0-12秒5の好時計をマーク。高野助手は「昨年よりも出国してから競馬までの期間が短いのでしっかりと乗り込んで調整ができている」と状態は万全だ。他2頭も坂路でいい動きを見せた。サウジアラビアに遠征する日本馬は今日12日に出国。

 なおサウジダービーに出走予定だったフランスゴデイナ(牡3、森)は熱発のため回避。3月27日メイダンのUAEダービー(ダート1900メートル)を目標に調整される。

出典:日刊スポーツ