海外競馬ニュース

News

ドバイG1で2年連続好走のエルティジャール、今季始動戦を勝利

2018年01月13日 11:45

  • 友だち追加数

 ドバイG1アルクオーツスプリントを2年連続で好走したエルティジャールが、現地11日にメイダン競馬場にて行われたハンデキャップ戦(芝1000m)で始動。トップハンデをものともせず約5キロも斤量が軽かった2着馬ヒットザビッドに半馬身差をつけて勝利した。

 A.アル・ライヒ厩舎の7歳馬エルティジャールは、2016年3月のアルクオーツスプリント(芝1000m)で2着。昨年は2月のドバイG3メイダンスプリントを制すと、続くG1ジュベルハッタこそ競走中止したが、アルクオーツスプリント(芝1200m)では3着とまたも善戦した。

ページトップへ