競馬場紹介

Course

ローズヒルガーデンズ競馬場

競馬場紹介一覧へ

概要

概要

ランドウィック競馬場がニューサウスウェールズ州における東京競馬場のような位置づけとすると、ローズヒルガーデンズ競馬場は中山競馬場のような存在といえようか。シドニー中心街から約20kmとやや離れ、初めてレースが行われたのはランドウィックに後れること半世紀ほどの1885年。規模もシドニー地区で2番目だが、スタンドをはじめコンパクトで清潔感あふれる競馬場の佇まいは、しばしばオーストラリアの競馬シーンを題材とする被写体に使用されている。

最大の呼び物は秋(3月下旬)に行われるG1ゴールデンスリッパーで、2歳戦として世界最高の賞金総額350万豪ドルを誇る。レース当日にはジョージライダーS、ランヴェットS、ザ・ギャラクシーと計4つのG1が並行開催。1週後のザBMWらと合わせ、4月にランドウィック競馬場で開催される「ザ・チャンピオンシップス」と連携してシドニー地区の盛り上げを図っている。

2015年にリアルインパクトがG1ジョージライダーSで見事に優勝。トーセンスターダムはランヴェットS、トゥザワールドもザBMWでそれぞれ2着に善戦するなど日本馬が高い適性を証明しており、中距離馬のターゲットとして注目度が上がっている。

コース紹介

コース紹介

正方形の角を広いコーナーでつないだような形をしており、右回りで1周2048m。最終コーナーからゴールまでの直線は408mで、京都競馬場の外回り(403.7m)と中京競馬場(412.5m)の中間くらい。最終コーナーには5%のバンク、直線には2%の勾配もある。

最初のコーナーの奥に2000m、第2コーナーの奥に1500m、第3コーナーには900mの引き込み線があるほか、第3コーナーと最終コーナーの間から馬場の内側に向かって1200mの引き込み線も延びている。

主要競走

・ザBMW
・ゴールデンスリッパーS
・ジョージライダーS

アクセス

  • 友だち追加数
ページトップへ