コラム

Column

【ドバイWC】レース傾向:UAE対アメリカの構図! 見逃せない外枠優勢

2019年03月28日 15:00

  • 友だち追加数

 ドバイ国際競走のメインレースであるドバイワールドカップ。現在のメイダン競馬場のダート2000mで行われるようになった2015年以降の近4年のデータから過去の傾向を探っていく。

 

 表1はダートへと変更された15年以降の近3年の上位3着以内馬とその調教国。15年は地元UAEのプリンスビショップが勝利。16年カリフォルニアクローム、17年アロゲートとアメリカ勢が連勝したが、昨年はUAEのサンダースノーが覇権を取り返した。

 ダート大国アメリカに地元UAE勢が対抗する構図となっている。南アフリカ勢は16年にムブタヒージが2着と好走。日本馬は15年ホッコータルマエ、17年アウォーディーの5着が最高成績。両馬ともに上位とは離されており、苦戦している状況だ。

 表2は年齢別性別成績。表の一番上の4歳牡馬が一昨年のアロゲート、昨年のサンダースノーと近2年連勝しており、連対率40.0%・複勝率46.7%と非常に高い。力をつけて、勢いがある4歳牡馬はぜひチェックしておきたい。

 その他では5歳牡馬が16年カリフォルニアクローム、セン馬は15年プリンスビショップがそれぞれ勝利している。

 表3は前走レース別成績。3着以内馬の前走はすべてアメリカもしくはUAEのレースだった。

 前走UAEのレースではアルマクトゥームチャレンジR3組に注目。15年プリンスビショップ、昨年のサンダースノーと最多の2勝をあげており、今年もチェックしておきたい。

 前走アメリカのレースではペガサスワールドカップ組は要チェックだ。創設された一昨年にはアロゲートが勝利し、3着ネオリシックも該当。昨年もウエストコーストが2着に入っている。また、サンアントニオステークス組からも複数の好走馬が出ている。

 なお、近4年の3着以内馬12頭はすべて前走で4着以内に入っていた。前走5着以下からの巻き返しは厳しい。

 表4はゲート番別成績。表の一番下、外目9番以降の馬が16年カリフォルニアクローム(11番)、一昨年のアロゲート(9番)、昨年のサンダースノー(10番)と近3年連続で勝利。昨年は1、2着が該当しており、連対率46.2%・複勝率61.5%と非常に高い。

 逆に8番から内の馬は15年プリンスビショップ(1番)の1勝のみ。外枠有利の傾向が出ており、ゲート番9番以降の馬はぜひチェックしておきたい

ページトップへ