新型コロナウイルスの競馬界への影響

競馬データ

Data

  • ドクターフェイガー

    Photo by Getty Images

プロフィール

米競馬史上最強の短距離馬と評されるドクターフェイガー。圧倒的なスピードとパワーで生涯22戦18勝の戦績を築き上げたが、強さの証は敗北を喫した4戦に凝縮されている。

ドクターフェイガーが活躍した1960年代後半は半世紀余りも昔だが、引退を間近に控えたワシントンパークHでマークした1分32秒2は、いまだにダート1マイルの世界記録として破られていない。しかも134ポンド(約60.8kg)ものハンデを負担し、2着馬には10馬身差をつけた結果。もっとタイムを短縮できる可能性さえあった。この年のドクターフェイガーは全8戦を130ポンド(約59kg)以上の斤量で戦い、引退戦では139ポンド(約63.5kg)ものハンデを克服。8戦7勝で米史上唯一となる同一年4部門受賞(年度代表馬、最優秀古牡馬、最優秀短距離牡馬、最優秀芝牡馬)を成し遂げた。

そして、この最速馬に先着できた馬は3頭しかいない。2頭は後の殿堂入り馬で、残りの1頭も2歳王者になっている。

初黒星は2歳時のデビュー5戦目に喫した。シャンペンSでのドクターフェイガーはラビットを用意した陣営の術中にはまり、激しく競り合った末に2着。援護を得て勝利したサクセッサーは2歳王者に輝いたものの、後の評価は「ドクターフェイガーに先着した馬」という、負かしたはずの相手に名を借りるものとなった。

3歳時の2敗のうち、ジャージーダービーは他馬にかみついたことによる降着処分。後続に6馬身半差をつけて1位入線しており、処分について現在も議論の的となっている。また、“世紀の一戦”と呼ばれたウッドワードSではダマスカスとバックパサーの後塵を拝したが、不利な2000mに加えて両陣営が用意したラビットに競り込まれた。ダマスカスには4歳時も2000mで敗れたが、相手は5ポンド(約2.3kg)軽いハンデの上にラビットの援護付き。ラビットなしのダマスカスには2勝しており、対戦成績はイーブンだ。

ドクターフェイガーは引退直前のユナイテッドネーションズHで生涯唯一の芝レースに参戦。当時、マンノウォーSと並ぶ芝の大レースで約10kg軽いハンデの馬を相手に激闘を制し、この1勝だけで最優秀芝牡馬のタイトルをものにした。

引退後に種牡馬入りしたドクターフェイガーは、1976年に腸捻転により12歳の若さで命を落としたが、その年のリーディングサイアーとなるなど種牡馬としても大成功。1971年には米競馬殿堂入りを果たした。

基本情報

生年 1964
性別
毛色 鹿毛
Rough'n Tumble
Aspidistra
母父 Better Self
調教師 J.ネルド
生産者 Tartan Farms Corp
馬主 Tartan Stable
通算成績 22戦18勝[18-2-1-1]

競走成績

開催日 場所 レース名 動画 着順 騎手 トラック 距離 馬場状態
1968/11/02 アケダクト ヴォスバーグハンデキャップ 1 B.バエザ ダート 1400
1968/09/11 アトランティックシティ ユナイテッドネーションズハンデキャップ 1 B.バエザ 1900
1968/08/24 アーリントンパーク ワシントンパークハンデキャップ 1 B.バエザ ダート 1600
1968/08/03 サラトガ ホイットニーステークス 1 B.バエザ ダート 1800
1968/07/20 アケダクト ブルックリンハンデキャップ 2 W.シューメーカー ダート 2000
1968/07/04 アケダクト サバーバンハンデキャップ 1 B.バエザ ダート 2000
1968/05/18 ハリウッドパーク カリフォルニアンステークス 1 B.バエザ ダート 1700
1968/05/04 アケダクト ローズベンハンデキャップ 1 J.ロッツ ダート 1400
1967/11/07 アケダクト ヴォスバーグハンデキャップ 1 B.バエザ ダート 1400
1967/10/21 ホーソーン ホーソーンゴールドカップ 1 B.バエザ ダート 2000
1967/09/30 アケダクト ウッドワードステークス 3 W.ボランド ダート 2000
1967/09/02 ロッキンガム ニューハンプシャースウィープステークス 1 B.バエザ ダート 2000
1967/07/15 ロッキンガム ロッキンガムスペシャルステークス 1 B.バエザ ダート 1800
1967/06/24 アーリントンパーク アーリントンクラシックステークス 1 B.バエザ ダート 1600 不良
1967/05/30 ガーデンステート ジャージーダービー 4 M.イカザ ダート 1800
1967/05/13 アケダクト ウィザーズステークス 1 B.バエザ ダート 1600
1967/04/15 アケダクト ゴッサムステークス 1 M.イカザ ダート 1600
1966/10/15 アケダクト シャンペンステークス 2 W.シューメーカー ダート 1600
1966/10/05 アケダクト カウディンステークス 1 W.シューメーカー ダート 1400 稍重
1966/09/10 アトランティックシティ ワールズプレイグラウンドステークス 1 M.イカザ ダート 1400
1966/08/13 サラトガ 条件戦 1 D.ヒダルゴ ダート 1200
1966/07/15 アケダクト 未勝利戦 1 D.ヒダルゴ ダート 1100

距離別

距離 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対 3着内率
~1400m 7 0 0 0 7 100% 100% 100%
1401m~1800m 7 1 0 1 9 78% 89% 89%
1801m~2100m 4 1 1 0 6 67% 83% 100%
2101m~ 0 0 0 0 0 0% 0% 0%

馬場状態別

馬場状態 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対 3着内率
良馬場 16 2 1 1 20 80% 90% 95%
稍重馬場 1 0 0 0 1 100% 100% 100%
重馬場 0 0 0 0 0 0% 0% 0%
不良馬場 1 0 0 0 1 100% 100% 100%