DATA SEARCH

競馬データ検索

データ検索

データ
TOPへ
フーリッシュプレジャー(Foolish Pleasure)

  • フーリッシュプレジャー

    Photo by Getty Images

プロフィール

スポーツの世界には勝者よりも敗者の方がより強い記憶を残す逆転現象が存在する。最強を決めるべく催されたマッチレースで致命傷を負った名牝ラフィアンの悲話はつとに知られるところだが、対戦相手として静かに勝利を手にしたのがフーリッシュプレジャー。強豪ひしめく1970年代、米クラシック三冠に匹敵する実績を残した名馬の1頭だ。

2歳4月の早期デビューで初陣を飾ったフーリッシュプレジャーは、2戦目のG3ドーバーSを10馬身差で圧勝し、世代のリーダーたる素質を発露する。さらに4戦目のサプリングSでG1初制覇とすると、分割開催となったG1ホープフルSをもう一方より1秒近く速いタイムで快勝。前日に同じサラトガ競馬場のG1スピナウェイSを制したラフィアンとともにデビューから5連勝とした。フーリッシュプレジャーは7戦目のG1シャンペンSを6馬身差で圧勝し、無敗のままシーズンを終えて2歳王者に輝く。

明け3歳のフーリッシュプレジャーは条件戦で始動したが、他馬との実力差があまりに大きく馬券の発売もなく施行された。これを4馬身余りの着差で楽勝すると、単勝1.4倍のG1フラミンゴSも1馬身3/4差で快勝。2年前のセクレタリアトに続く三冠馬誕生へ期待は大きくふくらんだ。ところが、いよいよクラシック戦線も佳境というフロリダダービーでまさかの3着に敗れ、デビューからの連勝が止まってしまう。

それでも、15頭立ての多頭数となった次戦のウッドメモリアルSでは大外枠を克服するアタマ差の勝利で巻き返し、1番人気のケンタッキーダービーも1馬身3/4差で完勝した。1946年の三冠馬アソールト以来というウッドメモリアルSとKYダービーの連勝を果たし、フーリッシュプレジャーも続くかに思われたが、二冠目のプリークネスSではレース前に交通問題に巻き込まれる不運もあり、マスターダービーから1馬身差の2着。ベルモントSもダービーで退けたアバターにクビ差及ばず2着と、惜敗続きで三冠はならなかった。

そうして、三冠戦後に実現したのがラフィアンとの一騎打ちだった。ニューヨーク州競馬協会(NYRA)は当初、三冠戦の勝ち馬3頭とラフィアンが賞金35万ドルを賭けて争う特別レースを企画したが、アバターの回避によって流局。NYRAは出走意思のあるマスターダービー陣営に解決金を提示し、舞台をフーリッシュプレジャーとラフィアンのマッチレースに仕立てた。

しかし、ベルモントパーク競馬場に5万人を超える観客を集めて開催された世紀の一戦は、ラフィアンの命を奪う事故で最悪の結末を迎える。向正面のスタートから猛烈なスピードで飛ばしたラフィアンは、最初のコーナーを待たずに骨折して競走中止。フーリッシュプレジャーは単走で無事にゴールこそしたものの、その姿はラフィアンを心配する観客たちの視界に入ってはいなかった。

この悲劇を境にアメリカでマッチレースが企画されることはなくなった。そして、フーリッシュプレジャーにとっても競走生活の分岐点となり、次戦からは古馬との戦いに3連敗して3歳シーズンを終了。現役を続けた4歳はG2ドンHとG1サバーバンHで重賞を2勝したものの、サバーバンHは当時の王者フォアゴーに9ポンド(約4.1kg)ものハンデをもらいながらハナ差の辛勝でしかなかった。

フーリッシュプレジャーは4歳で引退し、種牡馬となってアメリカとフランスでG1ホースを輩出する一方、産駒たちも種牡馬として活躍するなど成功。1994年に22歳で亡くなると、その翌年には米競馬殿堂に迎えられた。

基本情報

生年 1972
性別
毛色 鹿毛
What A Pleasure
Fool-me-not
母父 Tom Fool
調教師 L.ジョリー
生産者 Waldemar Farms, Inc.
馬主 Greer John L
通算成績 26戦16勝[16-4-3-3]

競走成績

開催日 場所 レース名 動画 着順 騎手 トラック 距離 馬場状態
1976/08/07 アーリントンパーク アーリントンゴールデン招待ハンデキャップ(L) 1 E.ファイアーズ ダート 1800
1976/07/24 アケダクト ブルックリンハンデキャップ(G1) 3 E.メイプル ダート 2000
1976/07/05 アケダクト サバーバンハンデキャップ(G1) 1 E.メイプル ダート 1900
1976/06/20 ハリウッドパーク ハリウッドゴールドカップハンデキャップ(G1) 5 L.ピンカイJr. ダート 2000
1976/06/06 ハリウッドパーク ベルエアハンデキャップ(G2) 3 L.ピンカイJr. ダート 1800
1976/03/27 ガルフストリームパーク カナディアンターフハンデキャップ(G3) 8 B.バエザ ダート 1700
1976/03/06 ガルフストリームパーク ドンハンデキャップ(G2) 1 B.バエザ ダート 1400
1976/02/04 ハイアリアパーク 条件戦 1 B.バエザ ダート 1400
1975/10/10 ベルモントパーク 条件戦 2 A.コルデロJr. ダート 1700
1975/09/13 ベルモントパーク マールボロカップ(G1) 5 A.コルデロJr. ダート 2000
1975/09/01 ベルモントパーク ガヴァナーステークス(G1) 2 J.ヴァスケス ダート 1800
1975/07/06 ベルモントパーク マッチレース 1 B.バエザ ダート 2000
1975/06/07 ベルモントパーク ベルモントステークス(G1) 2 J.ヴァスケス ダート 2400
1975/05/17 ピムリコ プリークネスステークス(G1) 2 J.ヴァスケス ダート 1900
1975/05/03 チャーチルダウンズ ケンタッキーダービー(G1) 1 J.ヴァスケス ダート 2000
1975/04/19 アケダクト ウッドメモリアルステークス(G1) 1 J.ヴァスケス ダート 1800
1975/03/29 ガルフストリームパーク フロリダダービー(G1) 3 J.ヴァスケス ダート 1800
1975/03/01 ハイアリアパーク フラミンゴステークス(G1) 1 J.ヴァスケス ダート 1800
1975/02/12 ハイアリアパーク 条件戦 1 J.ヴァスケス ダート 1400
1974/10/05 ベルモントパーク シャンペンステークス(G1) 1 J.ヴァスケス ダート 1600
1974/09/25 ベルモントパーク カウディンステークス(G2) 1 J.ヴァスケス ダート 1400
1974/08/24 サラトガ ホープフルステークス(G1) 1 B.バエザ ダート 1300
1974/08/10 モンマスパーク サプリングステークス(G1) 1 J.ヴァスケス ダート 1200 稍重
1974/07/24 アケダクト トレモントステークス(G3) 1 J.ヴァスケス ダート 1200
1974/05/27 デラウェアパーク ドーバーステークス(G3) 1 J.ヴァスケス ダート 1100 稍重
1974/04/04 ハイアリアパーク 未勝利戦 1 C.バルタザール ダート 1000

距離別

距離 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対 3着内率
~1400m 9 0 0 0 9 100% 100% 100%
1401m~1800m 4 2 2 1 9 44% 67% 89%
1801m~2100m 3 1 1 2 7 43% 57% 71%
2101m~ 0 1 0 0 1 0% 100% 100%

馬場状態別

馬場状態 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対 3着内率
良馬場 14 4 3 3 24 58% 75% 88%
稍重馬場 2 0 0 0 2 100% 100% 100%
重馬場 0 0 0 0 0 0% 0% 0%
不良馬場 0 0 0 0 0 0% 0% 0%
TOPへ戻る