新型コロナウイルスの競馬界への影響

競馬データ

Data

  • アゼリ

    Photo by Getty Images

プロフィール

シガーやアラジ、シアトリカルなどを擁し、胸に大きく「AP」のアルファベットが描かれた勝負服で1980~90年代の米競馬を席巻した馬主のアレン・ポールソン氏が、自ら生産した晩年の大傑作アゼリ。アレン氏は愛馬のデビューを待たず2000年7月にこの世を去ったものの、息子のマイケル氏が実質的なオーナーとなり、3歳シーズンも終わろうとしている2001年11月にようやく初陣を迎えた。

単勝17.3倍の低評価ながらもダート6ハロンのデビュー戦を6馬身差で圧勝したアゼリは、距離を延ばしながら明け4歳まで3連勝で重賞に初挑戦する。そのラカナダSでは2着に敗れてしまうが、そこから先は1年半にわたる怒とうの11連勝でスポットライトを集めていった。

アゼリは初黒星から1か月後のサンタマルガリータ招待Hで重賞初制覇をG1で飾ると、アップルブロッサムH、ミレディブリーダーズカップH、そしてヴァニティHとG1レースを4連勝。さらにG2を2連勝して臨んだBCディスタフを5馬身差の逃げ切りで圧勝し、二冠馬ウォーエンブレムらを抑えて2002年のエクリプス賞年度代表馬と最優秀古馬牝馬に輝く。牝馬の年度代表馬受賞はオールアロング(1983年)、レディーズシークレット(1986年)に続く史上3頭目の快挙だった。

アゼリの快進撃は女王として迎えた5歳も続き、BCディスタフから半年ぶりの実戦となったアップルブロッサムHを皮切りに、前年と同じローテーションを踏襲して4レースを連覇する。しかし、大目標のBCを直前に控えて自己最高のハンデ128ポンド(約58kg)を負担したG2で出遅れると、追い上げも及ばず2着(3位入線から繰り上げ)に敗れて連勝が止まってしまう。その後に屈腱炎を発症してBC回避を余儀なくされたばかりか、L.デセルー調教師により引退が発表された。

しかし、複数の獣医に所見を求めて回復の見込みを得たオーナーが、アゼリをD.ルーカス調教師の元へ転厩させる。アゼリは半年後のアップルブロッサムHで無事に復帰すると、見事に3連覇を果たして健在をアピール。次戦ではデビュー当初に経験して以来となる8ハロン以下の距離や牡馬との初対戦などで3連敗を喫するが、ゴーフォーワンドHとスピンスターSを連勝して巻き返す。

そして、ルーカス師は「すでにBCディスタフは勝った。これまで成し遂げられなかった偉業を達成したい」とアゼリをBCクラシックに差し向ける。牝馬として史上3頭目の挑戦は驚きとともに注目を集めたものの、ゴーストザッパーら牡馬の壁は厚く、5着に敗れて現役を退くことになった。この年、3年連続となるエクリプス賞最優秀古馬牝馬に選出。G1レースを通算11勝したアゼリの生涯獲得賞金407万9820ドルは、当時の北米牝馬として新記録を樹立した。2010年には米競馬殿堂入りを果たしている。

繁殖入りしたアゼリはG2勝ちのワインプリンセスら3頭の産駒を米国に残して2009年のセールに上場され、日本のノーザンファームに225万ドル(当時の為替レートで約2億円)で購入された。ディープインパクトとの間に生まれたロイカバードが京都新聞杯など重賞戦線で活躍を見せており、自身に迫る産駒の誕生が待たれている。

基本情報

生年 1998
性別
毛色 栗毛
Jade Hunter
Zodiac Miss
母父 Ahonoora
調教師 D.ルーカス
生産者 Allen E. Paulson
馬主 Allen E. Paulson Living Trust
通算成績 24戦17勝[17-4-0-3]

競走成績

開催日 場所 レース名 動画 着順 騎手 トラック 距離 馬場状態
2004/10/30 ローンスターパーク ブリーダーズカップクラシック(G1) 5 P.デイ ダート 2000
2004/10/10 キーンランド スピンスターステークス(G1) 1 P.デイ ダート 1800
2004/08/27 サラトガ パーソナルエンスンハンデキャップ(G1) 2 P.デイ ダート 2000
2004/08/01 サラトガ ゴーフォーワンドハンデキャップ(G1) 1 P.デイ ダート 1800
2004/06/19 ベルモントパーク オグデンフィップスハンデキャップ(G1) 4 P.デイ ダート 1700
2004/05/31 ベルモントパーク メトロポリタンハンデキャップ(G1) 8 P.デイ ダート 1600
2004/05/01 チャーチルダウンズ ヒューマナディスタフハンデキャップ(G1) 2 M.スミス ダート 1400
2004/04/03 オークローンパーク アップルブロッサムハンデキャップ(G1) 1 M.スミス ダート 1700
2003/09/28 サンタアニタパーク レディーズシークレットブリーダーズカップハンデキャップ(G2) 2 M.スミス ダート 1700
2003/08/10 デルマー クレメントL.ハーシュハンデキャップ(G2) 1 M.スミス ダート 1700
2003/06/21 ハリウッドパーク ヴァニティハンデキャップ(G1) 1 M.スミス ダート 1800
2003/05/24 ハリウッドパーク ミレディブリーダーズカップハンデキャップ(G1) 1 M.スミス ダート 1700
2003/04/05 オークローンパーク アップルブロッサムハンデキャップ(G1) 1 M.スミス ダート 1700
2002/10/26 アーリントンパーク ブリーダーズカップディスタフ(G1) 1 M.スミス ダート 1800 稍重
2002/10/02 サンタアニタパーク レディーズシークレットブリーダーズカップハンデキャップ(G2) 1 M.スミス ダート 1700
2002/08/11 デルマー クレメントL.ハーシュハンデキャップ(G2) 1 M.スミス ダート 1700
2002/06/22 ハリウッドパーク ヴァニティハンデキャップ(G1) 1 M.スミス ダート 1800
2002/05/25 ハリウッドパーク ミレディブリーダーズカップハンデキャップ(G1) 1 M.スミス ダート 1700
2002/04/06 オークローンパーク アップルブロッサムハンデキャップ(G1) 1 M.スミス ダート 1700
2002/03/10 サンタアニタパーク サンタマルガリータ招待ハンデキャップ(G1) 1 M.スミス ダート 1800
2002/02/09 サンタアニタパーク ラカナダステークス(G2) 2 M.スミス ダート 1800
2002/01/12 サンタアニタパーク 条件戦 1 M.スミス ダート 1600
2001/12/17 ハリウッドパーク 条件戦 1 M.スミス ダート 1300
2001/11/01 サンタアニタパーク 未勝利戦 1 M.スミス ダート 1200

距離別

距離 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対 3着内率
~1400m 2 1 0 0 3 67% 100% 100%
1401m~1800m 15 2 0 2 19 79% 89% 89%
1801m~2100m 0 1 0 1 2 0% 50% 50%
2101m~ 0 0 0 0 0 0% 0% 0%

馬場状態別

馬場状態 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対 3着内率
良馬場 16 4 0 3 23 70% 87% 87%
稍重馬場 1 0 0 0 1 100% 100% 100%
重馬場 0 0 0 0 0 0% 0% 0%
不良馬場 0 0 0 0 0 0% 0% 0%