DATA SEARCH

競馬データ検索

データ検索
  • セクレタリアト

    Photo by Getty Images

プロフィール

麒麟や龍、ユニコーンなど、世に伝わる架空の生物はいくつか存在するが、あるいはセクレタリアトも、そうした神話の世界の生き物なのではないか──そう思わせるほど、大地に刻んだ蹄跡は他と一線を画している。

その競走生活を振り返って白眉とするなら、やはりクラシック三冠戦で見せつけた空前絶後のパフォーマンスに尽きるだろう。1972年7月4日、米独立記念日にデビューしたセクレタリアトのキャリアは、意外にも4着の敗北から始まった。しかし、2戦目からの5連勝をはじめ2歳戦だけで計7勝を挙げ、2歳馬にしてアメリカ年度代表馬に輝く。

ケンタッキーダービー直前のウッドメモリアルSで3着に敗れたセクレタリアトだが、三冠戦に突入してからは文字通り記録破りの快進撃を披露。競馬界の枠を超えた全米のスターへとのし上がっていく。

1973年5月5日、第99回ケンタッキーダービーを迎えたチャーチルダウンズ競馬場には、セクレタリアトを目当てに史上最高(当時)の13万4476人の大観衆が来場。セクレタリアトも度肝を抜く走りで期待に応え、千両役者ぶりを大いに発揮した。後方から向正面に入るとグングンとポジションを上げ、直線残り300mあたりで先頭に立つと2馬身半差をつけてゴール。ダービー史上初めて2分を切る1分59秒4のレコードタイムで完勝した。

続くプリークネスSで難なく二冠を達成したセクレタリアトだが、その走破記録で前代未聞の騒動が巻き起こる。最初に発表された1分55秒0に対し、手動計測の記録員は1分54秒4を主張し、メディアからは1分53秒4と物言いがついた。ピムリコ競馬場を管轄するメリーランドジョッキークラブの裁定により、一度は1分54秒4が公式記録として採用されたが、その後も議論は燻り続け、2012年になって最新のビデオ解析により1分53秒0へと再訂正。実に39年の時を経てレースレコードとして認定されたのだった。

そうして迎えたベルモントSはわずか5頭立て。ウッドメモリアルSでセクレタリアトに先着し、ダービーでも2着に食い下がったシャムが唯一の対抗馬という下馬評だったが、セクレタリアトは中間点付近でシャムを振り切り独走態勢に入る。20馬身にも見える大差を築いて最終コーナーを抜けたセクレタリアトは、直線でもさらにリードを広げて悠然とゴール。ダート12ハロンの世界レコード2分24秒0を樹立した。ちなみに、31馬身という2着馬との着差が世にとどろいているが、これは競馬メディアの『Daily Racing Form』が広角のスチール画像を元に算出した記録が広まったもので公式記録ではない。

確定に長い年月を要した部分はあるが、セクレタリアトが三冠戦で刻んだ走破時計は全てレースレコード。これらは21世紀となった現在も破られておらず、まさに三冠馬の中の三冠馬、競走馬として最高峰の存在がセクレタリアトと言えよう。

その後、3歳秋のラスト2戦で芝のG1とG2を連勝したセクレタリアトは、芝もダートも問わない万能性を披露。絶対的能力を誇示したまま現役を退いた。

基本情報

生年 1970
性別
毛色 栗毛
Bold Ruler
Somethingroyal
母父 Princequillo
調教師 L.ローリン
生産者 Meadow Stud Inc
馬主 Meadow Stud Inc
通算成績 21戦16勝[16-3-1-1]

競走成績

開催日 場所 レース名 動画 着順 騎手 トラック 距離 馬場状態
1973/10/28 ウッドバイン カナディアンインターナショナルステークス(G2) 1 E.メイプル 2600
1973/10/08 ベルモントパーク マンノウォーステークス(G1) 1 R.ターコット 2400
1973/09/29 ベルモントパーク ウッドワードステークス(G1) 2 R.ターコット ダート 2400
1973/09/15 ベルモントパーク ハンデ戦 1 R.ターコット ダート 1800
1973/08/04 サラトガ ホイットニーステークス(G2) 2 R.ターコット ダート 1800
1973/06/30 アーリントンパーク 条件戦 1 R.ターコット ダート 1800
1973/06/09 ベルモントパーク ベルモントステークス(G1) 1 R.ターコット ダート 2400
1973/05/19 ピムリコ プリークネスステークス(G1) 1 R.ターコット ダート 1900
1973/05/05 チャーチルダウンズ ケンタッキーダービー(G1) 1 R.ターコット ダート 2000
1973/04/21 アケダクト ウッドメモリアルステークス(G1) 3 R.ターコット ダート 1800
1973/04/07 アケダクト ゴッサムステークス(G2) 1 R.ターコット ダート 1600
1973/03/17 アケダクト ベイショアステークス(G3) 1 R.ターコット ダート 1400
1972/11/18 ガーデンステート 条件戦 1 R.ターコット ダート 1700
1972/10/28 ローレルパーク 条件戦 1 R.ターコット ダート 1700
1972/10/14 ベルモントパーク 条件戦 2 R.ターコット ダート 1600
1972/09/16 ベルモントパーク 条件戦 1 R.ターコット ダート 1300
1972/08/26 サラトガ 条件戦 1 R.ターコット ダート 1300
1972/08/16 サラトガ 条件戦 1 R.ターコット ダート 1200
1972/07/31 サラトガ 条件戦 1 R.ターコット ダート 1200
1972/07/15 アケダクト 未勝利戦 1 P.フェリシアノ ダート 1200
1972/07/04 アケダクト 未勝利戦 4 P.フェリシアノ ダート 1100

距離別

距離 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対 3着内率
~1400m 6 0 0 1 7 86% 86% 86%
1401m~1800m 5 2 1 0 8 63% 88% 100%
1801m~2100m 2 0 0 0 2 100% 100% 100%
2101m~ 3 1 0 0 4 75% 100% 100%

馬場状態別

馬場状態 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対 3着内率
良馬場 14 2 1 1 18 78% 89% 94%
稍重馬場 0 0 0 0 0 0% 0% 0%
重馬場 2 1 0 0 3 67% 100% 100%
不良馬場 0 0 0 0 0 0% 0% 0%