競馬データ

Data

スペクタキュラービッド

スペクタキュラービッド

プロフィール

5.5ハロンから10ハロンでトラックレコードを計7回も更新(タイを含むと8回)したキャリアから、米史上最強馬に推す声も絶えないスペクタキュラービッド。全米9州の15競馬場で通算30戦26勝を記録し、そのうち11の競馬場でG1を計14勝と、全米をまたにかけて活躍したダート王でもあった。

2歳6月のデビューを控えたスペクタキュラービッドは調教で4ハロン46秒という古馬顔負けの猛時計を叩き出す。その後手綱を任されることになっていたR.フランクリン騎手が「2頭の馬に乗っているよう」とコメントするほどのスピードをみせた。その調教通り初戦を快勝すると2戦目で早くもトラックレコードタイをマークし圧勝。能力の高さを証明してみせた。

重賞初挑戦となった5戦目では、ダート7ハロンを破格の1分20秒8で駆け抜け、2着に15馬身差の圧勝劇。次戦では良血馬ジェネラルアッセンブリーを下してG1初制覇を飾る。2歳時は9戦7勝の成績で、この年のエクリプス賞最優秀2歳牡馬に選出された。

2歳王者として迎えたクラシック戦線ではますます勢いを増し、2月の年明け初戦から圧勝に次ぐ圧勝でケンタッキーダービーに駒を進める。12万5000人の大観衆が詰め掛けた本番では序盤に後れを取るも第3コーナーから一気に進出してそのままゴールし、まずは一冠。続くプリークネスステークスも序盤に置かれ、向正面では外に張り続けられる徹底マークを受けながらも第3コーナーからは独壇場に持ち込んで二冠を達成する。

1977年シアトルスルー、1978年アファームドに続く3年連続の三冠馬誕生に大きな期待が集まったベルモントステークスだったが、ここでアクシデントに見舞われる。スペクタキュラービッドはレース前日に左前肢で安全ピンを踏み、それが蹄の中に留まり跛行してしまったのだ。懸命の治療でレースには出走したものの、猛烈なペースで飛ばし、直線に入ると徐々に失速。2頭にかわされて三冠の夢は潰えた。

その後、蹄が完治したスペクタキュラービッドは、復帰戦を17馬身差、続くマールボロカップでは、ベルモントSの覇者コースタルらを5馬身差と寄せつけずに勝利。実力をみせつけた。そして、ジョッキークラブゴールドカップでアファームドとの対決に臨むが、12ハロンの距離が長かったのか、前年の三冠馬に3/4馬身及ばず惜敗する。この年は二冠が評価され満場一致でエクリプス賞最優秀3歳牡馬を受賞した。

4歳になったスペクタキュラービッドは2月のチャールズH.ストラブステークスでダート10ハロンを1分57秒80で走破し、当時の世界記録を30年ぶりに更新するなど連戦連勝。そして、そのあまりの強さに対戦を避ける陣営が増えはじめ、9月のウッドワードステークスでは、ついにスペクタキュラービッドの単走で施行されることに。そのレースで14度目のG1制覇を飾ったスペクタキュラービッドは、このレースを最後に現役引退。9戦無敗だったこの年は、文句なしの年度代表馬に選出された。

引退後は総額2200万ドルの巨大シンジケートが組まれ、種牡馬入りしたスペクタキュラービッドだったが、期待に応えるほどの活躍馬は残せないまま2003年6月9日に27歳で天寿を全うした。

基本情報

性別 Bold Bidder
生年 1976 Spectacular
毛色 芦毛 母父 Promised Land
調教師 G.デルプ 生産者(国) Jason & Mrs. William Gilmore, Mrs. William
馬主 Hawksworth Farm
生年 1976
性別
毛色 芦毛
Bold Bidder
Spectacular
母父 Promised Land
調教師 G.デルプ
生産者(国) Jason & Mrs. William Gilmore, Mrs. William
馬主 Hawksworth Farm

距離別

距離 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対率 3着内率
~1400m 5 1 0 1 7 71% 86% 86%
1401m~1800m 15 0 0 0 15 100% 100% 100%
1801m~2100m 6 0 0 0 6 100% 100% 100%
2101m~ 0 1 1 0 2 0% 50% 100%

馬場状態別

馬場状態 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対率 3着内率
良馬場 22 1 1 0 24 92% 96% 100%
稍重馬場 3 1 0 0 4 75% 100% 100%
重馬場 0 0 0 0 0 0% 0% 0%
不良馬場 1 0 0 1 2 50% 50% 50%

競走成績

開催日 場所 レース名 着順 騎手 トラック 距離 馬場
状態
1980/09/20 ベルモントパーク ウッドワードステークス(G1) 1 W.シューメーカー ダート 2000
1980/08/16 モンマスパーク アモリーL. ハスケルハンデキャップ(G1) 1 W.シューメーカー ダート 1800
1980/07/19 アーリントン ワシントンパークハンデキャップ(G3) 1 W.シューメーカー ダート 1800
1980/06/08 ハリウッドパーク カリフォルニアンステークス(G1) 1 W.シューメーカー ダート 1800
1980/05/18 ハリウッドパーク マーヴィンルロイハンデキャップ(G2) 1 W.シューメーカー ダート 1700
1980/03/02 サンタアニタパーク サンタアニタハンデキャップ(G1) 1 W.シューメーカー ダート 2000 不良
1980/02/03 サンタアニタパーク チャールズH.ストラブステークス(G1) 1 W.シューメーカー ダート 2000
1980/01/19 サンタアニタパーク サンフェルナンドステークス(G2) 1 W.シューメーカー ダート 1800 稍重
1980/01/05 サンタアニタパーク マリブステークス(G2) 1 W.シューメーカー ダート 1400
1979/10/18 メドウランズ メドウランズカップ(G2) 1 W.シューメーカー ダート 2000
1979/10/06 ベルモントパーク ジョッキークラブゴールドカップ(G1) 2 W.シューメーカー ダート 2400
1979/09/08 ベルモントパーク マールボロカップ(G1) 1 W.シューメーカー ダート 1800
1979/08/26 デラウェアパーク 条件戦 1 W.シューメーカー ダート 1700 稍重
1979/06/09 ベルモントパーク ベルモントステークス(G1) 3 R.フランクリン ダート 2400
1979/05/19 ピムリコ プリークネスステークス(G1) 1 R.フランクリン ダート 1900 稍重
1979/05/05 チャーチルダウンズ ケンタッキーダービー(G1) 1 R.フランクリン ダート 2000
1979/04/26 キーンランド ブルーグラスステークス(G1) 1 R.フランクリン ダート 1800
1979/03/24 ハイアリアパーク フラミンゴステークス(G1) 1 R.フランクリン ダート 1800
1979/03/06 ガルフストリームパーク フロリダダービー(G1) 1 R.フランクリン ダート 1800
1979/02/19 ガルフストリームパーク ファウンテンオブユースステークス(G3) 1 R.フランクリン ダート 1700
1979/02/07 ガルフストリームパーク ハッチソンステークス 1 R.フランクリン ダート 1400
1978/11/11 キーストン ヘリテージステークス(G2) 1 R.フランクリン ダート 1700
1978/10/28 ローレルパーク ローレルフューチュリティ(G1) 1 R.フランクリン ダート 1700
1978/10/19 メドウランズ ヤングアメリカステークス 1 J.ヴェラスケス ダート 1700
1978/10/08 ベルモントパーク シャンペンステークス(G1) 1 J.ヴェラスケス ダート 1600
1978/09/23 アトランティックシティ ワールズプレイグラウンドステークス(G3) 1 R.フランクリン ダート 1400
1978/08/20 デラウェアパーク ドーバーステークス 2 R.フランクリン ダート 1200 稍重
1978/08/02 モンマスパーク タイロウステークス 4 R.フランクリン ダート 1100 不良
1978/07/22 ピムリコ 条件戦 1 R.フランクリン ダート 1100
1978/06/30 ピムリコ 未勝利戦 1 R.フランクリン ダート 1100
  • 友だち追加数
ページトップへ