競馬データ

Data

サンライン

サンライン

プロフィール

豪州・ニュージーランドの名馬といえばブラックキャビア、ウィンクスなどが有名だが、サンラインもオセアニア競馬史に燦然と輝く歴史的名牝だ。

20世紀から21世紀を股にかけて旋風を巻き起こしたサンラインは、1998年にニュージーランドでデビュー。主戦場を豪州に移しても勢いは止まらず、無傷の7連勝で豪州G1制覇(フライトS)を成し遂げた。その後、MRC1000ギニーを目指すも故障により断念し、ニュージーランドに戻って4か月の休養。復帰初戦は勝利したものの、豪州に戻ったG2で2着に終わり、デビューからの連勝は8でストップした。

それでも再び重賞連勝を収めたサンラインは、G1ドンカスターHで2度目のG1制覇。古馬の強豪が顔を揃えた豪G1クイーンエリザベスSに参戦したが、先行策も直線で脚が止まって5着に敗れ、2度目の黒星を喫して3歳シーズンを終えた。

古馬シーズン前半は勝利からやや見放されたサンラインに対し、ファンの評価も次第に下降する。それでも、やや距離が長いと思われたG1コックスプレートでは、ハイペースで逃げても脚色が衰えることなく先頭でゴール板を駆け抜け、豪州有数のビッグタイトルを獲得。次走のG2も勝利したサンラインは香港Cに参戦したが、初のオセアニア以外への輸送による体調不良も重なって7着に惨敗した。

翌2000年も勝利を積み重ねたサンラインは、見事にコックスプレートを連覇。年末には再び香港へ旅立ち、今回は得意距離の香港マイルへ参戦した。同年の安田記念を制したフェアリーキングプローンなど地元の強豪も同レースに出走したが、サンラインはスタートから果敢に飛ばすと、最後はフェアリーキングプローンの猛追を僅差でしのいで優勝。2度目の挑戦で実力を証明し、遠い異国でもその名を轟かせた。

2001年にはドバイに挑戦したが、ドバイデューティーフリーで3着。その後は地元での戦いに徹したサンラインは、コックスプレート3連覇の偉業は逃したものの(2着)、さらに4つのG1タイトルを獲得した。同馬が7歳で現役を退くまで積み重ねた重賞勝利は27、獲得賞金でも当時の世界最高額を記録し、豪州・ニュージーランド両国で殿堂入りを果たしている。

基本情報

性別 Desert Sun
生年 1995 Songline
毛色 鹿毛 母父 Western Symphony
調教師 T.マッキー 生産者(国) Ms S R Archer & M J Martin
馬主 T A Green, S J McKee & T J McKee ONZM
生年 1995
性別
毛色 鹿毛
Desert Sun
Songline
母父 Western Symphony
調教師 T.マッキー
生産者(国) Ms S R Archer & M J Martin
馬主 T A Green, S J McKee & T J McKee ONZM

距離別

距離 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対率 3着内率
~1400m 17 2 0 0 19 89% 100% 100%
1401m~1800m 11 4 3 1 19 58% 79% 95%
1801m~2100m 4 3 0 3 10 40% 70% 70%
2101m~ 0 0 0 0 0 0% 0% 0%

馬場状態別

馬場状態 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対率 3着内率
良馬場 12 7 1 2 22 55% 86% 91%
稍重馬場 3 0 1 1 5 60% 60% 80%
重馬場 13 2 0 1 16 81% 94% 94%
不良馬場 4 0 1 0 5 80% 80% 100%

競走成績

開催日 場所 レース名 着順 騎手 トラック 距離 馬場
状態
2002/10/26 ムーニーバレー コックスプレート(G1) 4 G.チャイルズ 2040
2002/10/12 コーフィールド ヤルンバステークス(G1) 2 G.チャイルズ 2000
2002/09/28 ランドウィック ジョージメインステークス(G1) 3 G.チャイルズ 1600
2002/08/24 ヘイスティングス マッジウェイパーツワールドステークス(G2) 1 G.チャイルズ 1400
2002/04/06 ランドウィック オールエイジドステークス(G1) 1 G.チャイルズ 1600
2002/03/30 ランドウィック ドンカスターハンデキャップ(G1) 1 G.チャイルズ 1600
2002/03/09 ローズヒルガーデンズ クールモアクラシック(G1) 1 G.チャイルズ 1500
2002/02/09 テラパ ワイカトドラフトスプリント(G1) 1 G.チャイルズ 1400
2001/10/27 ムーニーバレー コックスプレート(G1) 2 G.チャイルズ 2040
2001/10/06 フレミントン ターンブルステークス(G2) 1 G.チャイルズ 2000
2001/09/15 ムーニーバレー ラウダ航空フィーハンステークス(G2) 2 G.チャイルズ 1600
2001/09/01 コーフィールド メムジーステークス(G2) 1 G.チャイルズ 1400 不良
2001/08/18 ムーニーバレー マニカトステークス(G1) 2 G.チャイルズ 1200
2001/04/21 ランドウィック オールエイジドステークス(G1) 3 G.チャイルズ 1600 不良
2001/03/24 ナドアルシバ ドバイデューティーフリー(G2) 3 G.チャイルズ 1777 稍重
2001/03/03 ウォリックファーム アポロステークス(G2) 1 G.チャイルズ 1400 不良
2001/02/10 テラパ ワイカトドラフトスプリント(G1) 1 G.チャイルズ 1400
2000/12/17 シャティン 香港マイル(G1) 1 G.チャイルズ 1600 稍重
2000/11/25 プケコヘパーク オークランドブリーダーズステークス(G2) 1 G.チャイルズ 1400
2000/10/28 ムーニーバレー コックスプレート(G1) 1 G.チャイルズ 2040
2000/10/07 フレミントン ターンブルステークス(G2) 2 G.チャイルズ 2000
2000/09/16 ムーニーバレー ジョンFフィーハンステークス(G2) 1 G.チャイルズ 1600
2000/09/03 コーフィールド メムジーステークス(G2) 1 G.チャイルズ 1400
2000/08/19 ムーニーバレー マニカトステークス(G1) 1 G.チャイルズ 1200
2000/04/29 ランドウィック オールエイジドステークス(G1) 1 G.チャイルズ 1600
2000/04/22 ランドウィック ドンカスターハンデキャップ(G1) 2 G.チャイルズ 1600
2000/04/01 ローズヒルガーデンズ クールモアクラシック(G1) 1 G.チャイルズ 1500
2000/03/11 ウォリックファーム アポロステークス(G2) 1 G.チャイルズ 1400 不良
1999/12/19 シャティン 香港カップ(G1) 7 G.チャイルズ 2000 稍重
1999/11/20 プケコヘパーク オークランドブリーダーズステークス(G2) 1 G.チャイルズ 1400
1999/10/23 ムーニーバレー コックスプレート(G1) 1 G.チャイルズ 2040
1999/10/02 ランドウィック エプソムハンデキャップ(G1) 4 L.キャシディ 1600
1999/09/25 ランドウィック ジョージメインステークス(G1) 2 L.キャシディ 1600
1999/09/11 ローズヒルガーデンズ テオマークスステークス(G2) 2 L.キャシディ 1300
1999/08/21 ウォリックファーム ウォーウィックステークス(G2) 1 L.キャシディ 1400
1999/04/17 ランドウィック クイーンエリザベスステークス(G1) 5 L.キャシディ 2000
1999/04/03 ランドウィック ドンカスターハンデキャップ(G1) 1 L.キャシディ 1600
1999/03/20 ムーニーバレー ムーニーバレーオークス(G3) 1 G.チャイルズ 2040
1999/03/06 フレミントン A.V.キューニーステークス(G2) 1 G.チャイルズ 1600
1999/02/20 コーフィールド アンガスアルマナスコステークス(G3) 2 L.キャシディ 1600
1999/02/01 エラーズリー ウィンザーパークブリーダーズオブジイヤースプリント 1 L.キャシディ 1200 稍重
1998/10/03 ランドウィック フライトステークス(G1) 1 L.キャシディ 1600
1998/09/19 ローズヒルガーデンズ ティーローズステークス(G2) 1 L.キャシディ 1500
1998/09/05 ランドウィック フュアリアスステークス(G3) 1 L.キャシディ 1400 不良
1998/08/22 ヘイスティングス 条件戦 1 P.ジョンソン 1200
1998/07/09 ルアカカ パシフィックフォードブリーダーズステークス 1 P.ジョンソン 1200 稍重
1998/05/30 エラーズリー ハンデ戦 1 P.ジョンソン 1200
1998/05/10 パエロア 未勝利戦 1 P.ジョンソン 1100
  • 友だち追加数
ページトップへ