競馬データ

Data

S.コレット

S.コレット

プロフィール

ニュージーランドを代表する女性騎手であるサマンサ・コレット騎手は1989年11月21日、ニュージーランド生まれ。

両親はともに1000勝以上を挙げた騎手で、父ジムは1994/95年にニュージーランドで116勝を挙げ、同国のチャンピオンジョッキーに輝いたほどの名手。「ワールドスーパージョッキーズシリーズ」にも2度選ばれ、1997年にはタイガロピーヌでJRAでも優勝経験を持つ。また母トゥルーディ・ソーントンは現役騎手で、2017年12月にはG1ザビールクラシック、2019年1月にはG1レイルウェイステークスを制している。

コレット騎手は幼少期からポニーに乗り、2006年12月にM.ウォーカー厩舎(ニュージーランド首位調教師5回。現在はシンガポールで開業)の見習い騎手としてデビュー。そこから3シーズンで計114勝をマークすると、4シーズン目の2009年11月にはG3タウランガステークスをサースリックで制して重賞初勝利を飾った。

残念ながらまだG1タイトルは手にしてはいないものの(重賞はG2を含めて計15勝)、その後も徐々に勝ち星を伸ばし、2016/17年には80勝を挙げて初めてリーディングでトップ10入り(6位。同年2位でこのシーズンにG1ザビールクラシックを勝った女性のアリーシャ・コレット騎手はいとこ)。続く2017/18年には2位を26勝も引き離す132勝を挙げて、初めてチャンピオンジョッキーの座に君臨。女性がニュージーランドでチャンピオンジョッキーに輝くのは、L.クロップ騎手、L.オールプレス騎手に続く史上3人目のことだった。

文:秋山 響(TPC)

  • 友だち追加数
ページトップへ