海外競馬ニュース

News

英1000ギニーはウィンター快勝、オブライエン師は連日のクラシック制覇

2017年05月08日 16:05

  • 友だち追加数

 現地7日、英ニューマーケット競馬場にてG1英1000ギニー(3歳牝馬、芝8ハロン)が行われ、W.ローダン騎乗のウィンターが快勝した。

 2馬身差の2着は本命に推されていたロードデンドロン。さらにクビ差の3着にダーバンが入った。なおA.オブライエン調教師はウィンターとロードデンドロンで上位を独占。前日の英2000ギニーを制したチャーチルを含めてクラシック連日制覇を達成している。

 ガリレオ産駒のウィンターは2歳夏にオールウェザー7ハロンで初勝利。D.ワックマン厩舎から転厩して迎えた今年初戦は4月の愛1000ギニートライアルステークス2着で、クラシック制覇が芝での初勝利並びに重賞初勝利となった。

 オブライエン調教師は「前走の走りはよかったし、デビッド(ワックマン調教師)はウィンターが今年のクラシックホースになると思っていたそうだ。ウェイン(ローダン騎手)は2歳時から乗ってるからウィンターのことをよく理解していたし、素晴らしい騎乗をしてくれた」とコメント。距離が12ハロンに伸びるオークス挑戦を示唆していた。

ページトップへ