海外競馬ニュース

News

ハイランドリール、ドバイでの雪辱果たしコロネーションC制覇

2017年06月03日 14:25

  • 友だち追加数

 現地2日、英エプソム競馬場にてG1コロネーションカップが行われ、R.ムーア騎乗のハイランドリールが1番人気に応えて勝利した。

 2着は1馬身3/4差でフロンティアズマンで、3着はホークビル。ハイランドリールの弟で兄弟対決が注目されたアイダホは6着だった。

 A.オブライエン厩舎の5歳馬ハイランドリールは、昨年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスやブリーダーズカップターフなどで勝利。今年は始動戦だった3月のG1ドバイシーマクラシックで最下位の7着と振るわなかったが、それ以来のレースだったここで巻き返した。

 オブライエン調教師は「ライアン(ムーア騎手)がうまく乗ってくれた。ドバイ以降は実戦から遠ざかっていたが、いい走りだった。ハイランドリールは素晴らしい馬。タフでスピードがあり、スタミナも備えている」と語っていた。

ページトップへ