海外競馬ニュース

News

G1フィリーズマイル、ディープ産駒セプテンバーがハナ差2着

2017年10月14日 11:10

  • 友だち追加数

 現地13日、英ニューマーケット競馬場にてG1フィリーズマイル(2歳牝馬、芝8ハロン)が行われ、ディープインパクト産駒のセプテンバーがハナ差の2着と惜しくも初G1制覇を逃した。

 セプテンバーはデビュー2連勝で準重賞を制した後、愛G2デビュタントステークス4着、愛G1モイグレアスタッドステークス3着と善戦していた。

 勝ったのはP.J.マクドナルド騎乗のローレンス。セプテンバーと同じA.オブライエン厩舎のハッピリーは直前で出走回避した。K.バーク厩舎のローレンスは前走のG2メイヒルステークスに続く重賞連勝。G1は今回が初勝利となった。

ページトップへ