海外競馬ニュース

News

ディープ産駒サクソンウォリアー&オブライエン師、レーシングポストTで歴史的G1制覇

2017年10月29日 05:20

  • 友だち追加数

 来春のクラシック候補として注目を集めるディープインパクト産駒のサクソンウォリアーが、現地28日にドンカスター競馬場で行われた2歳G1レーシングポストトロフィー(芝8ハロン)に出走。激しい叩き合いの中で差し返す勝負根性を発揮し、無傷のデビュー3連勝で1番人気に応え、G1初制覇を成し遂げた。

 クビ差の2着に3番人気のロアリングライオン、さらに2馬身1/2差の3着には5番人気のザペンタゴンが続いた。

 レーシングポストTの勝利により、サクソンウォリアーを管理するA.オブライエン調教師は今季26度目のG1制覇。B.フランケル調教師と並んでいた年間G1勝利の世界記録を更新して単独首位に立った。

 オブライエン師は「彼(サクソンウォリアー)の道中は非常に力強かったし、ライアン(ムーア騎手)が素晴らしい騎乗をしてくれた。ジョン(ゴスデン調教師)の馬(ロアリングライオン)が彼を抜いた時は勝負あったと思っただろうけど、彼には余力があったし良かったよ」と喜びのコメント。「ライアンは彼がギニーでも問題ないと言っていたから、それ(英2000ギニー)から始動して先に進もうと思う。でも、彼は血統的にスタミナ豊富だからね」と、あくまで狙いはダービーであることを示唆した。

 なお、この勝利によりサクソンウォリアーは英ダービーの前売りで6倍の1番人気となり、英2000ギニーでは7倍に切り下げられている。

ページトップへ