海外競馬ニュース

News

​米最優秀短距離牝馬ユニークベラ、今季初戦のG2を圧勝

2018年02月12日 12:39

  • 友だち追加数

 現地10日、米サンタアニタパーク競馬場にてG2サンタマリアステークス(牝馬限定、ダート8.5ハロン)が行われ、2017年のエクリプス賞最優秀短距離牝馬のユニークベラが9馬身差で圧勝した。

 2着は1月のG2ラカナダステークスを勝っていたモポティズムだった。

 J.ホランドルファー厩舎の4歳馬ユニークベラは、1番人気に推されたBCフィリー&メアスプリントで7着に敗れるも、12月のラブレアステークス(3歳牝馬、ダート7ハロン)でG1初制覇。距離を伸ばした今回は格の違いを見せつけた。

ページトップへ