海外競馬ニュース

News

ワールドアプルーバルはドバイ遠征せず、米国内でマイル路線へ

2018年02月13日 12:10

  • 友だち追加数

 2017年のエクリプス賞最優秀芝牡馬のワールドアプルーバルが、現地3月31日にドバイで行われるG1ドバイターフ(芝1800m)には向かわないことが分かった。

 これは米競馬メディア『bloodhorse.com』が報じたもの。10日に今年初戦の米G3タンパベイステークス(芝8.5ハロン)を勝ったワールドアプルーバルは今後、米国内でマイルG1路線を歩むとM.キャシー調教師が語ったことを同サイトは伝えている。

 同サイトによると、キャシー師は距離への心配を口にし、タンパベイSは勝ったものの、どの程度まで距離を伸ばせるかは疑問を感じたとコメント。ワールドアプルーバルにはマイルがベターだとの見解を示したという。

ページトップへ