海外競馬ニュース

News

アルジャッジがG2デュークオブケンブリッジS圧勝、ハイドレンジアは反応できず惨敗

2018年06月21日 11:25

  • 友だち追加数

 牝馬限定G2デュークオブケンブリッジステークス(4歳以上、芝8ハロン)が現地20日にロイヤルアスコット開催2日目の第3レースとして行われ、アルジャッジが馬群の後ろからスタンド側の大外を突き抜けて圧勝。3馬身3/4差の2着にトリビュートアクト、さらにクビ差の3着にはウィラミナが続き、1番人気に推されたハイドレンジアは勝負所から置かれて8着に惨敗した。

 シャマルダル産駒の5歳馬アルジャッジは、昨年9月のG3アタランタステークス以来となる2度目の重賞制覇。昨年のデュークオブケンブリッジSではケマーから3/4差の2着に惜敗し、重賞初制覇を逃していた。

 ロイヤルアスコット開催での初勝利を手にしたM.ボッティ調教師は「あと少しという所までは何度も行ったし(ロイヤルアスコットの)勝者に名を連ねられて良かったよ」と喜び、アルジャッジの次走について「順調に行けば1か月後にファルマスステークスがあるね」とG1獲りを意識していた。

ページトップへ