海外競馬ニュース

News

​G1ジャンプラ賞、仏ダービー4着のインテロジャントが競り勝ち

2018年07月09日 10:37

  • 友だち追加数

 現地8日、仏ドーヴィル競馬場にてG1ジャンプラ賞(3歳牡馬・牝馬、芝1600m)が行われ、P.ブドー騎乗の伏兵インテロジャントが接戦を制した。

 2着は短クビ差でカスカディアン。G1愛2000ギニー3着、G1セントジェームスパレスステークス2着のグスタフクリムトがさらに1馬身差の3着で続き、前走のG3ポールドムーサック賞を制して1番人気に推されていたヴィズールが4着。G1仏2000ギニー馬のオルメドは最下位の7着に沈み、G1仏ダービー13着に続いての惨敗を喫した。

 F.シャペ厩舎のインテロジャントは5月のG3ギシェ賞で重賞初制覇。続くG1仏ダービーでは勝ったディープインパクト産駒のスタディオブマンの4着だったが、今回でG1初勝利を手にした。

ページトップへ