海外競馬ニュース

News

スニッツェル、2017/18シーズンの豪リーディング種牡馬に

2018年08月02日 12:31

  • 友だち追加数

 7月31日に2017/18シーズンの最終日を迎えた豪州競馬界の種牡馬ランキングが確定。豪競馬メディア『racing.com』が8月1日付けで十傑を報じている。

 勝利数で首位に輝いたのは、日本でも産駒のヤングマンパワーなどが活躍しているスニッツェル。芝レース世界最高賞金のジ・エベレストを制した産駒のレッドゼルがけん引役となり、収得賞金でも首位に輝いた。スニッツェルを繋養するアローフィールドスタッドによると、出走した産駒328頭のうち173頭で計307勝を挙げ、収得賞金は史上最高の2920万豪ドル(約24億1000万円)に達した。

・豪リーディングサイヤー(勝ち馬頭数/出走頭数)

スニッツェル(173頭/328頭)

アイアムインヴィンシブル(158頭/275頭)

リトゥンタイクーン(153頭/287頭)

セブリング(147頭/325頭)

ファストネットロック(136頭/253頭)

ハイシャパラル(122頭/271頭)

エクシードアンドエクセル(119頭/220頭)

ニッコーニ(114頭/218頭)

スマートミサイル(113頭/208頭)

デンマン(112頭/215頭)

ページトップへ