海外競馬ニュース

News

注目2歳馬アンソニーヴァンダイク、愛G2フューチュリティSも制す

2018年08月28日 11:50

  • 友だち追加数

 現地26日、愛カラ競馬場にてG2フューチュリティステークス(2歳、芝7ハロン)が行われ、R.ムーア騎乗のアンソニーヴァンダイクが圧倒的な1番人気に応えて勝利した。

 2着は半馬身差でクリスマス。3着のモホークを含め、A.オブライエン厩舎の上位独占となった。

 ガリレオ産駒のアンソニーヴァンダイクはデビュー戦こそ7着だったものの、その後は3連勝。前走の愛G3タイロスステークスに続いて重賞2連勝となった。

 デビュー2戦目はマイルを走り、重賞では7ハロンで連勝となったアンソニーヴァンダイクだが、オブライエン調教師は「マイルでもやれるだろう。来年には中距離を走る馬だと見ている」と語っている。

ページトップへ