海外競馬ニュース

News

新装パリロンシャン競馬場、凱旋門賞でオープンストレッチ使用せず

2018年10月03日 12:25

  • 友だち追加数

 フランスの競馬統括機関ギャロは現地2日、改修後のパリロンシャン競馬場に導入された「オープンストレッチ」について、凱旋門賞を含む10月6日と7日の開催では使用せず、内ラチから16mに仮柵を設置してレース施行することを発表した。

 フランス・ギャロの運営責任者は、4月の開催からオープンストレッチを使用してきたことにより、馬が集中的に通る部分を生じさせたことに言及。オープンストレッチは競走秩序の改善に役立った一方で、ギャロが優先するコース整備との両立は適っていないとしている。

ページトップへ