海外競馬ニュース

News

豪QLダービー馬ダークドリームが移籍2戦目を快勝、香港4歳三冠ロードへ

2018年12月26日 10:45

  • 友だち追加数

 6月の豪G1クイーンズランドダービー制覇後に香港へ移籍したダークドリームが、23日に行われた現地2戦目で初勝利。香港ダービーをはじめとする4歳三冠戦線へ向かうことを、豪競馬メディアの『racing.com』が伝えている。

 ダークドリームは香港国際競走が行われた9日にクラス21600m戦で初戦を迎え、見せ場を作ったものの3着。23日は2000mに距離を延ばすと、4.馬身1/2差の圧勝で人気に応えた。

 同メディアは、F.ロー調教師が香港クラシックマイルの1600mはやや距離不足と見ている一方で、狙いは香港ダービー(芝2000m)にあるため意に介していない様子のコメントを香港ジョッキークラブから引用している。

 なお、ダークドリームを移籍させた新オーナーは、2017年にもクイーンズランドダービー馬のリヴンを購買して香港に移籍させており、同馬はここまで1勝している。

ページトップへ