海外競馬ニュース

News

米G2サンタイネスS、ベラフィナが8馬身半差の圧勝

2019年01月08日 13:12

  • 友だち追加数

 現地6日、米サンタアニタパーク競馬場にてG2サンタイネスステークス(3歳牝馬、ダート7ハロン)が行われ、圧倒的な1番人気に推されていたF.プラ騎乗のベラフィナが8馬身半差で圧勝した。

 2着は前走のG1スターレットステークス3着で2番人気のマザーマザーだった。

 S.キャラハン厩舎のベラフィナは、デビュー2戦目からデルマーデビュタントステークス、シャンデリアステークスの両G1を含めて重賞3連勝。昨年11月のG1ブリーダーズカップジュベナイルフィリーズは4着に敗れたが、3歳初戦の今回は見事に巻き返した。

ページトップへ