海外競馬ニュース

News

アーモンドアイ、ドバイターフへ向けて調整順調

2019年03月15日 13:00

  • 友だち追加数

 現地30日のG1ドバイターフを目指すアーモンドアイが、13日に美浦トレーニングセンターのウッドチップコースで追い切った。

 ラスト1ハロンを12秒3でフィニッシュした内容に、国枝栄調教師は「最高の状態」とコメント。「馬体重は493キロほど。今後の調教とドバイへの輸送でベストに仕上がるはず」と語っている。

 ドバイターフには、日本からアーモンドアイのほかにヴィブロス(2017年の勝ち馬)とディアドラ(昨年3着)の両牝馬も参戦予定。昨年にベンバトルで勝利した地元勢では、9日のドバイG1ジェベルハッタを制したドリームキャッスルが出走を予定している。

 欧州からは、昨年の英G1クイーンエリザベス2世ステークス(QE2)2着馬でオールウェザー1400mの前哨戦を勝ったA.オブライエン厩舎のアイキャンフライや、英G1セントジェームズパレスステークスの勝ち馬ウィズアウトパロール、QE2で3着のセンチュリードリームらが参戦。香港からはサザンレジェンドも遠征する。

ページトップへ