海外競馬ニュース

News

G2伊オークス、ラメールが接戦制す

2019年06月25日 11:35

  • 友だち追加数

 現地23日、イタリアのサンシーロ競馬場にてG2イタリアオークス(3歳牝馬、芝2200m)が行われ、F.ブランカ騎乗のラメールが勝利した。2着は短アタマ差でマストビーレイトだった。

 R.サンティーニ厩舎のラメールは2走前のG3で6着。前走の準重賞も2着だったが、伏兵扱いのここでクラシック制覇を達成した。

ページトップへ