NEWS

ニュース

ニュース/コラム

​仏G2モーリスドゥニュイユ賞、ウェイトゥパリスが接戦制す

2019年07月16日 10:45

  • 友だち追加数

 現地14日、仏パリロンシャン競馬場にてG2モーリスドゥニュイユ賞(芝2800m)が行われ、C.デムーロ騎乗のウェイトゥパリスが接戦を制した。

 ハナ差の2着は1番人気に押されていたマルメロだった。

 A.マルチアリス厩舎の6歳馬ウェイトゥパリスは、ここ2戦続けてパリロンシャン競馬場での長距離重賞で2着。今回が待望の重賞初制覇となった。