海外競馬ニュース

News

​パリ大賞勝ち馬ジャパン、英インターナショナルS出走も

2019年08月15日 10:30

  • 友だち追加数

 7月に仏G1パリ大賞を制したA.オブライエン厩舎の3歳馬ジャパンが、現地21日に行われるG1英インターナショナルステークスに出走する可能性が出てきた。

 英ダービー3着後に英G2キングエドワード7世ステークス、パリ大賞を連勝するなどクラシックディスタンスで好走を続けているジャパンは、9月のG1英セントレジャーで本命視されており、中距離戦かつ強力な古馬相手の英インターナショナルSに矛先を向けるかはまだ不透明だ。

 だが英競馬メディア『racingpost.com』によると、オブライエン調教師はフランス遠征後もジャパンの状態がいいとコメント。マジカル、サーカスマキシマスら同厩馬とともにジャパンの英インターナショナルS参戦を示唆したという。

 英インターナショナルSにはクリスタルオーシャンなど欧州のトップクラスのほか、日本からシュヴァルグランが出走を予定している。

ページトップへ