海外競馬ニュース

News

ゴールドマウント、豪G1メルボルンカップ目前で故障引退

2019年10月22日 11:14

  • 友だち追加数

 現地19日の豪G1コーフィールドカップで12着に敗れたゴールドマウントが繋靭帯を痛めたことが判明。次走に予定していた11月のG1メルボルンカップを前に現役引退することになった。

 I.ウィリアムス調教師によるとゴールドマウントはレース後に異常が判明し、検査の結果、故障が見つかったという。

 6歳せん馬のゴールドマウントは通算30戦8勝。イギリスのA.キング厩舎からデビュー後に香港へ移籍し、さらにI.ウィリアムス厩舎でイギリス復帰と波乱万丈のキャリアを送り、重賞勝ちこそなかったものの2018年のクイーンエリザベス2世カップ2着、チャンピオンズ&チャターカップ3着と香港G1での好走があった。

ページトップへ