新型コロナウイルスの競馬界への影響

海外競馬ニュース

News

米G2ガルフストリームパークオークス、スイススカイダイバーが重賞初制覇

2020年03月29日 13:30

  • 友だち追加数

 現地28日、米ガルフストリームパーク競馬場でG2ガルフストリームパークオークス(3歳牝馬、ダート8.5ハロン)が行われ、5番人気のスイススカイダイバーが最終コーナーまで後続を引きつけると、直線で3馬身1/4差と突き放す余裕の逃げ切りを決めた。

 2番手追走の3番人気ルクレツィアが4番人気レイクアヴェニューとの2着争いをハナ差で制し、デビュー5連勝で1番人気のトーナリスツシェイプは後方から末脚不発の7着で初黒星を喫した。

 デアデビル(その父モアザンレディ)産駒のスイススカイダイバーは、昨年11月のデビュー勝ち以来となる白星で重賞初制覇。ここにはG2レイチェルアレクサンドラステークス3着から駒を進めていた。これで通算成績を5戦2勝としている。