新型コロナウイルスの競馬界への影響

海外競馬ニュース

News

名馬プレザントリーパーフェクトが死去、BCクラシックとドバイWC制覇

2020年06月05日 12:42

  • 友だち追加数

 ブリーダーズカップとドバイワールドカップの両方を制した名馬プレザントリーパーフェクトが繋養先のトルコで現地3日に死去したことが分かった。22歳だった。

 これはトルコ・ナショナルスタッドの発表を米競馬メディア『bloodhorse.com』が伝えたもの。プレザントコロニー産駒のプレザントリーパーフェクトはR.マンデラ調教師の管理場で、2003年秋のBCクラシックを制覇。翌年にはドバイワールドカップと米パシフィッククラシックの両G1も勝ち、通算18戦9勝で種牡馬入りした。

 種牡馬としてはBCフィリー&メアターフを勝ったシェアードアカウント、フォアゴーステークスを制したウィットモアと2頭のG1馬を輩出。2014年にトルコへ移動してからもトップサイアーとして活躍していた。