新型コロナウイルスの競馬界への影響

海外競馬ニュース

News

G1牝馬ガラナ、復帰戦を格の違いで圧勝

2020年06月05日 12:46

  • 友だち追加数

 昨年にデビュー3連勝でG1エイコーンステークスなどを勝った4歳牝馬ガラナが現地4日のアローワンス(牝馬限定、ダート7ハロン)に出走。格の違いを見せつけて5馬身1/4差で圧勝した。

 C.ブラウン厩舎のゴーストザッパー産駒ガラナは、デビュー2戦目だったエイコーンSでケンタッキーオークス馬セレンゲティエンプレスを6馬身ちぎる圧勝。続くCCAオークスも制してG1を2連勝としたが、9月のG1コティリオンステークスで2着と初黒星を喫していた。

 その後は目標としていた秋のブリーダーズカップフィリー&メアスプリントを体調不良で回避して長期休養。今回は久々の実戦だった。