NEWS

ニュース

ニュース/コラム

アグネスゴールド産駒のアイバー、米G1シャドウェルターフマイルSを快勝

2020年10月04日 14:34

  • 友だち追加数

 米G1シャドウェルターフマイルステークス(3歳以上、芝8ハロン)が現地3日にキーンランド競馬場で行われ、後方3番手を追走した7番人気のアイバーが馬群の外を回って進出すると、前方の6頭を並ぶ間もなく差し切って快勝した。

 1馬身差の2着に2番人気のレイジングブルが最後方から続き、さらに3/4馬身差の3着には4番人気のウィズアウトパロールが入線。1番人気のアナライズイットは中団から伸び切れず8着に敗れた。

 アイバーは2001年のスプリングステークスなど日本で重賞2勝のアグネスゴールドを父に持つブラジル産の4歳牡馬で、昨年の5月と6月にアルゼンチンで2歳G1勝ち。その後にアメリカに移籍して5月の条件戦で11か月ぶりに実戦復帰し、2戦目の条件戦で初勝利を挙げていた。前走はリステッドで3着に敗れ、今回がアメリカでの重賞初挑戦だった。