NEWS

ニュース

ニュース/コラム

愛ダービー馬サンティアゴ、今季初戦は愛G3で4着

2021年04月26日 11:05

  • 友だち追加数

 現地25日、愛ナヴァン競馬場にてG3ヴィンテージクロップステークス(芝14ハロン)が行われ、昨年の愛ダービー馬サンティアゴは4着どまりだった。

 A.オブライエン厩舎のオーソライズド産駒サンティアゴは、昨年6月に愛ダービーを3連勝で制覇。その後は8月の英G1グッドウッドカップ3着、9月のG1英セントレジャー4着と長距離戦で連敗し、約7か月の休み明けだった今回も勝利には届かなかった。

 勝ったのはJ.オブライエン厩舎の4歳馬バロンサミディ。昨年10月に5連勝でG2コンセイユドゥパリ賞を制し、それ以来のレースだったここも2着マスターオブリアリティに半馬身差の勝利で連勝を6に伸ばしている。