NEWS

ニュース

ニュース/コラム

ローハーンが最低人気に反発、英G2サンディーレーンSで重賞連勝

2021年05月26日 11:18

  • 友だち追加数

 現地22日、英ヘイドック競馬場で行われたG2サンディーレーンステークス(3歳、芝6ハロン)は、最低10番人気のローハーンが最後方から馬群の中を突いて一気に抜け出し、大外から食い下がるドラゴンシンボル(1番人気タイ)をハナ差抑え込んだ。

 さらに1馬身差の3着争いをウムクルスーム(7番人気タイ)が制し、もう1頭の1番人気ザリルジェットは先団から早々に失速して最下位の10着に沈んだ。

 メイソン産駒のセン馬ローハーンは前走のG3パビリオンステークスに続く2度目の重賞制覇。レース後にD.エバンス調教師は「実績があるのに、なぜあのような人気だったのか解らない」「柔らかい馬場も速い馬場も(こなして)彼は一流だが誰も気づいていないようだ」と不満げ。セン馬でロイヤルアスコット開催のG1コモンウェルスカップに出走できないため、今後は別の道を行くとコメントしている。