NEWS

ニュース

ニュース/コラム

ジャッキーズウォリアーがリベンジ、米G2アムステルダムSを圧勝

2021年08月03日 10:59

  • 友だち追加数

 現地1日、米サラトガ競馬場にてG2アムステルダムステークス(3歳、ダート6.5ハロン)が行われ、J.ロサリオ騎乗のジャッキーズウォリアーが1番人気に応えて圧勝した。

 ジャッキーズウォリアーは序盤からドレインザクロックと後続を離してのハナ争い。第3コーナーでライバルを競り落とすと早くも独走態勢に入り、直線では鞍上が軽く気合いを入れただけで2着に粘ったドレインザクロックに7馬身1/4差をつけてゴールした。

 S.アスムッセン厩舎のジャッキーズウォリアーはマクリーンズミュージック産駒。2歳時にホープフルステークスとシャンペンステークスの両G1を勝ち、3歳となった今年は5月のG2パットデイマイルステークスを制覇。前走のG1ウッディースティーブンスステークスこそドレインザクロックのクビ差2着と不覚を取ったが、その借りを今回できっちりと返した。