NEWS

ニュース

ニュース/コラム

引退したばかりのNZの名牝アヴァンテージ、クールモアへ約3億円で売却

2021年09月23日 13:52

  • 友だち追加数

 先日に故障で引退が決まったばかりのニュージーランドの名牝アヴァンテージが、オンラインセールでの牝馬の取引としては史上最高額となる410万ニュージーランドドル(約3億1500万円)でクールモアグループに売却されたことが分かった。

 これは『ANZブラッドストックニュース』が現地22日に報じたもの。テアカウレーシングが所有していたファストネットロック産駒の6歳牝馬アヴァンテージは、今年4月のニュージーランドサラブレッドブリーダーズステークスで9勝目を挙げたが、今月のG1タージノトロフィーを目指す調教中に腱に重傷を負って引退していた。

 当面はクールモアオーストラリアの拠点で繁殖入りする予定で、初年度の交配相手の候補にはウートンバセットやピエロ、米三冠馬ジャスティファイなどが挙がっている。