NEWS

ニュース

ニュース/コラム

米G2ヴォスバーグS、フォローイングシーが圧巻の逃げ切り

2021年10月12日 10:38

  • 友だち追加数

 現地9日、米ベルモントパーク競馬場にてG2ヴォスバーグステークス(ダート6ハロン)が行われ、J.ロサリオ騎乗のフォローイングシーが圧勝した。

 4頭立ての大外枠から先頭に立って逃げたフォローイングシーは、直線に入っても後続を寄せ付けず。2番手から追いすがった1番人気フィレンツェファイアを4馬身3/4もちぎり捨てた。

 T.プレッチャー厩舎のフォローイングシーはランハッピー産駒の3歳馬。初の9ハロン戦だった2走前のG1ハスケルステークス2着後に短距離路線へ戻し、前走のG1アレンジャーケンスステークスは3着。今回がうれしい重賞初制覇となった。