NEWS

ニュース

ニュース/コラム

​強豪揃った英2000ギニー前哨戦、グリーナムSはパーフェクトパワーが制す

2022年04月18日 11:20

  • 友だち追加数

 現地16日、英ニューベリー競馬場にて英2000ギニーの前哨戦にあたるG3グリーナムステークス(3歳牡馬・せん馬、芝7ハロン)が行われ、C.スミヨン騎乗のパーフェクトパワーが勝利した。

 レースは2歳時にクリテリウムアンテルナシオナルなど仏G1を2連勝したエンジェルブルーが逃げ、パーフェクトパワーはこれをマークするように3番手から。勝負どころで追い出すとエンジェルブルーをかわして先頭に立ち、追い込んできたルセイルを1馬身半差で退けた。エンジェルブルーはさらにハナ差の3着までだった。

 R.フェイヒー厩舎のパーフェクトパワーはデインヒル系のアーダッド産駒。2歳時は仏G1モルニー賞と英G1ミドルパークステークスを勝っており、休み明けのここも制して3連勝とした。

 スミヨン騎手は「数日前に非常に強い馬(ネイティブトレイル)が勝つところを見たからね」と言いつつも「パーフェクトパワーはまさにパーフェクトだった。去年にG1を2勝した馬を負かしたんだ」と相棒をたたえ、英2000ギニー参戦に期待を寄せた。

 一方、フェイヒー調教師はパーフェクトパワーを7ハロン向きの馬だと評価し、「マイル(英2000ギニー)に挑戦するかどうかは分からない」と慎重に語っている。