NEWS

ニュース

ニュース/コラム

​遅れてきた良血馬、エレヴァンがクラシック好走馬を下して無傷の3連勝

2022年06月20日 13:50

  • 友だち追加数

 現地19日、仏シャンティイ競馬場にてG3ポールドムーサック賞(3歳、芝1600m)が行われ、C.スミヨン騎乗のエレヴァンが競り勝った。

 4頭立てのレースはG1仏2000ギニー3着馬トライバリストが逃げ、エレヴァンはこれをマークするように番手で追走。残り300メートル付近で並びかけると、そこからは後続を離しての叩き合いとなり、残り50メートルからさらに伸びたエレヴァンが短アタマ差で差し切った。

 JC.ルジェ厩舎のエレヴァンはドバウィ産駒。シユーニ産駒の母エルヴェディヤは仏1000ギニーやムーランドロンシャン賞などマイルG1を3勝した名牝で、自身はクラシックにこそ間に合わなかったもののデビュー3連勝での重賞初制覇となった。