NEWS

ニュース

ニュース/コラム

英ロイヤルアスコット開催を回避のキンロス、AWのG3で迎えた今季初戦は惜敗

2024年07月03日 12:05

  • 友だち追加数

 欧州スプリント戦線をけん引するキンロスが現地6月29日に英ニューカッスル競馬場のオールウェザーコースで行われたG3チップチェイスステークス(6ハロン)で今季初戦を迎え、1番人気の支持を集めるも2番人気モンタッシブに差し切られて3/4馬身差の2着に敗れた。

 キンロスは直線コースの外ラチ側に固まる集団の中位につけて馬場の中央付近を直進。残り1ハロン付近で先頭に立ったが、出遅れ気味の発馬から背後をついてきたモンタッシブに最後の100ヤードで差し切りを許した。

 キンロスは2022年に英チャンピオンズスプリントステークスなどG1レース2勝を含む重賞4勝。昨年はG1で未勝利だったものの2着2回、3着1回、G2を2勝と短距離戦をリードした。今季は6月22日のG1クイーンエリザベス2世ジュビリーステークスで復帰する予定だったものの堅い馬場を嫌って回避。このレースを初戦に選んだ。

 なお、モンタッシブはW.ハガス調教師が管理するエクシードアンドエクセル産駒の6歳セン馬で重賞初制覇。ハガス師はセンスオブデューティ(2022年)、タイバーフロー(2023年)に続きこのレース3連覇としている。