コラム

Column

【香港マイル 過去10年の傾向】超強力香港勢の狙いどころは?

2018年12月05日 14:00

  • 友だち追加数

 昨年のビューティージェネレーションが優勝するなど地元香港勢が席巻している香港マイル。過去10年のデータから過去の傾向を探っていく。

 まず表1は人気別成績。1番人気馬は14年エイブルフレンドの1勝のみ。2番人気馬が15年モーリスら最多の4勝をあげており、連対率トップだ。以下、4番人気馬が2勝、6~9番人気馬は昨年のビューティージェネレーションら6番人気馬が2勝、10番人気以下が1勝。10番人気以下は11年エイブルワンが勝利している。

 2着馬、3着馬も下位人気まで幅広く分布しており、特に6番人気以下は2着5回、

 3着3回と馬券に絡むことが多い。一昨年は人気順で4→8→9番人気、昨年は6→13→2番人気と近2年は伏兵の激走が目立つ。人気薄の台頭に注意したい。

 表2は前走レース別3着以内数。前哨戦のジョッキークラブマイル組が昨年のビューティージェネレーションら8勝と圧倒している。昨年は上位3着までを独占し、3着以内数も22回と非常に多い。昨年13番人気2着と激走したウエスタンエクスプレスは前走8着から着順を上げており、前走着外からの巻き返しもある。

 15年優勝のモーリスはマイルCS組。14年3着グランプリボスもこの組だった。安田記念組の1勝は13年香港馬のグロリアスデイズ。勝ち馬は上位3レースから出ていた。

 なお、ジョッキークラブスプリント組からは2着2回があるものの、10年以降は好走馬が出ていない。

 表3はゲート番別成績。9番の馬が昨年のビューティージェネレーションら2勝をあげ、連対率・複勝率60%と非常に高い。これら9番から外の複勝率が総じて高い。9~14番ゲートの馬が近6年続けて勝利しており、3着以内馬30頭中19頭を占めている。スプリントとは異なり、マイルでは外枠有利の傾向が出ている。

 一方、8番より内のゲート番の馬からも好走馬は出ているが、バラけている印象。なお、4、8番ゲートの馬からは好走馬が出ていない。

 最後に表4は国別3着以内数。香港調教馬が07~09年に3連覇を達成したグッドババら9勝と圧倒しており、3着以内数でも25頭と大半を占めている。これら香港勢の中ではJ.ムーア調教師の管理馬に注目。昨年の1、3着馬など過去10年で8度も3着以内に入っており、今年もチェックしておきたい。

 日本馬は15年モーリスが優勝し、14年グランプリボスが3着。両馬はともに安田記念、マイルCSの両方で連対した経験があった。参戦する日本馬は異なるコースでも力を出せる柔軟性が必要だろう。

 他ではフランス調教馬が2、3着1回ずつで、ヒモに少々マークしておきたい。

ページトップへ