新型コロナウイルスの競馬界への影響

競馬データ

Data

  • ゴーストザッパー

    Photo by Getty Images

プロフィール

「どんな馬場状態でもこなす彼からレースを取り上げることはできない。ペースが速ければ最後方から差すことができ、遅ければ先頭で引っ張ろうとする。こんな馬をどうやって負かすのか?」――管理した名伯楽R.フランケルをして言下に完璧と認め、21世紀の米最強とする声も絶えない名馬がゴーストザッパーだ。

ゴーストザッパーは2歳11月のデビュー戦を9馬身差で圧勝したが、本格的に競走馬としてのキャリアを積み始めたのは3歳中頃からで、クラシック戦線には間に合わなかった。6月下旬のベルモントパーク競馬場で復帰すると、条件戦2連勝からG1キングズビショップSで重賞初挑戦。序盤から後方で追走する苦しい展開も、それでも直線では1頭だけ違う脚勢で追い込み3着。これが彼にとって生涯最後の黒星となった。

続くG1ヴォスバーグSでも行き脚がつかないゴーストザッパーだったが、徐々に挽回すると直線では大外から豪脚を炸裂させ、先行勢を一網打尽に捕らえて6馬身半差の圧勝。初の古馬相手に重賞初制覇をG1で決め、スプリント戦線で頭角を現した。

ところが脚部不安に見舞われ、9か月余りの休養を余儀なくされる。4歳の7月にようやく復帰したゴーストザッパーは、ベルモントパーク競馬場ダート7ハロンのトラックレコードに0秒46差と迫る快時計でG2勝ち。次戦のG3では初の9ハロンに距離を延長し、それまでの追い込みから一転、先行抜け出しで10馬身余りの大差勝ちを飾った。

この勝利に自信を深めたフランケル調教師によって、ゴーストザッパーは9ハロンのG1ウッドワードSに送り込まれると、ここでも翌年のBCクラシックを勝つことになるセイントリアムに競り勝って2度目のG1制覇。それを足場にBCクラシックへと駒を進め、前年の覇者プレザントリーパーフェクトや翌春にドバイWCを勝つロージズインメイらを相手に、BCクラシックレコードを叩き出して逃げ切りを決めた。

エクリプス賞年度代表馬のタイトルを獲得したゴーストザッパーは5歳も現役を続行したが、初戦のメトロポリタンH圧勝後に足首を骨折して種牡馬入り。初年度産駒の牝馬ステージマジックは、2018年の米クラシック三冠馬ジャスティファイの母となった。

基本情報

生年 2000
性別
毛色 鹿毛
Awesome Again
Baby Zip
母父 Relaunch
調教師 R.フランケル
生産者 Adena Springs
馬主 Stronach Stables
通算成績 11戦9勝[9-0-1-1]

競走成績

開催日 場所 レース名 動画 着順 騎手 トラック 距離 馬場状態
2005/05/30 ベルモントパーク メトロポリタンハンデキャップ(G1) 1 J.カステリャーノ ダート 1600
2004/10/30 ローンスターパーク ブリーダーズカップクラシック(G1) 1 J.カステリャーノ ダート 2000
2004/09/11 ベルモントパーク ウッドワードステークス(G1) 1 J.カステリャーノ ダート 1800
2004/08/21 モンマスパーク フィリップH.アイズリンブリーダーズカップハンデキャップ(G3) 1 J.カステリャーノ ダート 1800 不良
2004/07/04 ベルモントパーク トムフールハンデキャップ(G2) 1 J.カステリャーノ ダート 1400
2003/09/27 ベルモントパーク ヴォスバーグステークス(G1) 1 J.カステリャーノ ダート 1300
2003/08/23 サラトガ キングズビショップステークス(G1) 3 J.カステリャーノ ダート 1400
2003/07/26 サラトガ 条件戦 1 J.カステリャーノ ダート 1400
2003/06/20 ベルモントパーク 条件戦 1 J.カステリャーノ ダート 1200
2002/12/26 サンタアニタパーク 条件戦 4 J.バルディビアJr. ダート 1200
2002/11/16 ハリウッドパーク 未勝利戦 1 J.バルディビアJr. ダート 1300

距離別

距離 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対 3着内率
~1400m 5 0 1 1 7 71% 71% 86%
1401m~1800m 3 0 0 0 3 100% 100% 100%
1801m~2100m 1 0 0 0 1 100% 100% 100%
2101m~ 0 0 0 0 0 0% 0% 0%

馬場状態別

馬場状態 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対 3着内率
良馬場 7 0 1 1 9 78% 78% 89%
稍重馬場 0 0 0 0 0 0% 0% 0%
重馬場 1 0 0 0 1 100% 100% 100%
不良馬場 1 0 0 0 1 100% 100% 100%