DATA SEARCH

競馬データ検索

データ検索
  • アンブライドルド

    Photo by Getty Images

プロフィール

アンブライドルドの通算成績は24戦8勝。名馬と呼ぶには物足りないかもしれないが、勝ち鞍の中にはケンタッキーダービー、ブリーダーズカップクラシックという北米最高のレースが含まれている。その一方で2着と3着も各6回を数え、堅実ながら勝ち味に遅かった事実がある。地面からキ甲までの体高が17ハンド(約173㎝)もある巨漢馬で、C.ナフツガー調教師をして「機関車のよう」と評した走りは、勢いさえつけば誰にも止められないが、一度でも減速すると挽回が難しくなる弱点を抱えていた。

また、大柄な故に仕上がりにも時間を要し、デビュー戦を10馬身半差で圧勝しながら2戦目以降は4連敗。2勝目を手にしたのは年の瀬の2歳最終戦で、素質の一端こそ見せていたものの、クラシック戦線では後方に置かれていた。そして、その素質を騎手3年目の若き武豊が体感している。1989年の夏に2週間のアメリカ遠征をした際、デビュー前のアンブライドルドに跨って調教をつける機会に恵まれた。

2歳時は体格を持て余していたアンブライドルドだが、3歳を迎えると大きな歯車が少しずつ回りはじめる。重賞初挑戦の初戦から着順を上げ、3戦目のフロリダダービーで重賞初制覇。次戦のブルーグラスSはスピード優先の重馬場で後れを取ったものの、唯一の重賞勝ちが物を言ってKYダービーのゲート入りを果たした。

大レースを勝つ時は「行く先々の進路が開く」と言われるが、KYダービーのアンブライドルドはまさにそれだった。中団馬群の外から第3コーナーで内ラチ沿いへ、最終コーナーでは再び外へとスムーズにシフト。「アウト・イン・アウト」の理想的なコーナリングで加速し、3馬身半突き抜けて鮮やかに夢のタイトルを手にした。しかし、二冠目のプリークネスSは巧みに内を立ち回ったサマースコールに屈し、最も条件が適していると思われていたベルモントSも、欧州から参戦したゴーアンドゴーに完敗してしまう。ナフツガー師は三冠戦の厳しい日程を考慮し、調教を手控えたことを敗因に挙げた。

その後、条件戦で力の違いを見せつけたアンブライドルドは、芝のセクレタリアトSを挟むなど異例の臨戦でBCクラシックに出走すると、大外枠から内ラチ沿いに潜り込み、直線では先行する2頭の間を抜けて快勝。“機関車”はKYダービーと同様、そこにレールが敷かれているかのように10ハロンを滑らかに走り切った。ただ、KYダービーとの同一年制覇は前年のサンデーサイレンスに続く2頭目の快挙だったものの、取りこぼしも多いアンブライドルドは年度代表を逃し、最優秀3歳牡馬のみに終わる。

アンブライドルドは4歳も現役を続けたが、初戦で条件不適の7ハロン戦を豪快に制した後は蹄の不安に悩まされ、連覇が懸かったBCクラシックでブラックタイアフェアーに逃げ切りを許すなど、重賞を勝てないまま種牡馬入りすることになった。

それでも、アンブライドルドは種牡馬としてより眩しく輝いてみせた。初年度産駒のアンブライドルズソングがBCジュベナイル、同じくグラインドストーンはKYダービー父子制覇で最高のスタートを切る。その後もレッドバレットがプリークネスS、エンパイアメーカーはベルモントSを勝ち、異なる産駒で三冠制覇を達成するなど、10世代を残して2001年に14歳で早世するまでに産駒がG1レースを10勝。アンブライドルズソングやエンパイアメーカーは後継種牡馬としても大成功し、今日の競馬界に多大な影響を与え続けている。

基本情報

生年 1987
性別
毛色 鹿毛
Fappiano
Gana Facil
母父 Le Fabuleux
調教師 C.ナフツガー
生産者 Tartan Farms Corporation
馬主 Frances A.Genter Stable Inc.
通算成績 24戦8勝[8-6-6-4]

競走成績

開催日 場所 レース名 動画 着順 騎手 トラック 距離 馬場状態
1991/11/02 チャーチルダウンズ ブリーダーズカップクラシック(G1) 3 C.ペレット ダート 2000
1991/10/06 キーンランド ファイエットハンデキャップ(G2) 2 C.ペレット ダート 1800
1991/08/10 デルマー パシフィッククラシック(L) 3 C.ペレット ダート 2000
1991/08/03 アーリントンパーク 条件戦 1 P.デイ ダート 1400
1991/05/11 ピムリコ ピムリコスペシャルハンデキャップ(G1) 6 C.ペレット ダート 1900
1991/04/13 オークローンパーク オークローンハンデキャップ(G1) 5 P.デイ ダート 1800 不良
1991/03/16 ガルフストリームパーク デピュティミニスターハンデキャップ(L) 1 P.デイ ダート 1400
1990/10/27 ベルモントパーク ブリーダーズカップクラシック(G1) 1 P.デイ ダート 2000
1990/09/23 ルイジアナダウンズ スーパーダービー(G1) 2 J.ベレスJr. ダート 2000
1990/09/03 アーリントンパーク セクレタリアトステークス(G1) 2 E.ファイアーズ 2000
1990/08/18 アーリントンパーク 条件戦 1 E.ファイアーズ ダート 1600
1990/06/09 ベルモントパーク ベルモントステークス(G1) 4 C.ペレット ダート 2400
1990/05/19 ピムリコ プリークネスステークス(G1) 2 C.ペレット ダート 1900
1990/05/05 チャーチルダウンズ ケンタッキーダービー(G1) 1 C.ペレット ダート 2000 稍重
1990/04/14 キーンランド ブルーグラスステークス(G2) 3 C.ペレット ダート 1800
1990/03/17 ガルフストリームパーク フロリダダービー(G1) 1 P.デイ ダート 1800
1990/03/03 ガルフストリームパーク ファウンテンオブユースステークス(G2) 3 P.デイ ダート 1700
1990/01/14 コールダー トロピカルパークダービー(G3) 5 C.ペレット ダート 1800
1989/12/24 コールダー 条件戦 1 J.ベレスJr. ダート 1700
1989/10/22 コールダー 条件戦 2 J.ベレスJr. ダート 1700
1989/09/24 カンタベリー 条件戦 2 M.スミス ダート 1600
1989/09/13 アーリントンパーク 条件戦 3 M.スミス ダート 1400 不良
1989/08/23 アーリントンパーク 条件戦 3 M.スミス ダート 1300
1989/08/02 アーリントンパーク 未勝利戦 1 M.スミス ダート 1200

距離別

距離 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対 3着内率
~1400m 3 0 2 0 5 60% 60% 100%
1401m~1800m 3 3 2 2 10 30% 60% 80%
1801m~2100m 2 3 2 1 8 25% 63% 88%
2101m~ 0 0 0 1 1 0% 0% 0%

馬場状態別

馬場状態 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対 3着内率
良馬場 7 6 4 3 20 35% 65% 85%
稍重馬場 1 0 0 0 1 100% 100% 100%
重馬場 0 0 1 0 1 0% 0% 100%
不良馬場 0 0 1 1 2 0% 0% 50%