新型コロナウイルスの競馬界への影響

競馬データ

Data

  • シングスピール

    Photo by Getty Images

  • シングスピール

    Photo by Getty Images

  • シングスピール サムネイル
  • シングスピール サムネイル

プロフィール

1996年のジャパンCには、凱旋門賞を勝って参戦してきたエリシオ、キングジョージ6世&クイーンエリザベスの覇者ペンタイア、日本馬は3歳にして天皇賞・秋を制したバブルガムフェロー、G1を2勝していたダンスパートナーなど名だたる強豪が参戦していたが、勝利を掴んだのはドバイのモハメド殿下が所有する4歳馬シングスピールだった。

L.デットーリ騎手を背に直線でのファビラスラフインとの叩き合いをハナ差制した同馬だが、当時は圧倒的な強豪馬という訳ではなく、いわゆる“善戦マン”だった。父はBCターフなどG1を3勝したインザウイングス、母・グローリアスソングもエクリプス賞を受賞するなど、生まれたときから良血馬として期待されていたシングスピール。しかし、好走はするが勝ちきれないレースが多く続き、3歳時はG1パリ大賞、G1エクリプスSでいずれも2着に終わる。

4歳でもコロネーションCで再び2着となるが、秋のカナディアンインターナショナルで、後にG1を4勝するカナダの英雄チーフベアハートに2馬身差を付けて初G1タイトルを手にすると、続くBCターフこそ凱旋門賞2着馬のピルサドスキーの2着になるが、前述のジャパンCで並みいる強豪を撃破し2つ目のG1を手にした。

シングスピールの強さをより深く印象付けたのは、翌97年のドバイワールドC。ダート初挑戦だったが当時のナドアルシバ競馬場のダートは粘土質が強く、どちらかと言えば芝でも通用するスピードが要求される馬場。これが功を奏してか、残り100m地点で先頭に飛び出すと、最後は2着のサイフォンに1馬身1/4差を付けて快勝。連日の大雨の影響で開催が4日先送りになったハプニングもあったが、そんなことをまったく感じさせない勝利であった。

芝とダートのビッグレースを制したシングスピールは、ドバイWC後もコロネーションC、インターナショナルSと2つ英G1レースを制して引退。4歳秋の初G1制覇から、最終的に4つのG1タイトルを獲得した。

基本情報

生年 1992
性別
毛色 鹿毛
In The Wings
Glorious Song
母父 Halo
調教師 M.スタウト
生産者 Sheikh Mohammed Bin Rashid Al Maktoum
馬主 Sheikh Mohammed Obaid Al Maktoum
通算成績 20戦9勝[9-8-0-3]

競走成績

開催日 場所 レース名 動画 着順 騎手 トラック 距離 馬場状態
1997/08/19 ヨーク 英インターナショナルステークス(G1) 1 L.デットーリ 2080
1997/07/26 アスコット キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス(G1) 4 L.デットーリ 2400
1997/06/06 エプソム コロネーションカップ(G1) 1 L.デットーリ 2410
1997/04/03 ナドアルシバ ドバイワールドカップ(L) 1 J.ベイリー ダート 2000
1996/11/24 東京 ジャパンカップ(G1) 1 L.デットーリ 2400
1996/10/26 ウッドバイン ブリーダーズカップターフ(G1) 2 G.スティーヴンス 2400 稍重
1996/09/29 ウッドバイン カナディアンインターナショナルステークス(G1) 1 G.スティーヴンス 2400
1996/09/14 グッドウッド セレクトステークス(G3) 1 C.アスムッセン 2000
1996/07/09 ニューマーケット プリンセスオブウェールズステークス(G2) 2 M.キネーン 2400
1996/06/08 エプソム コロネーションカップ(G1) 2 M.キネーン 2410
1996/04/27 サンダウン ゴードンリチャーズステークス(G3) 1 L.デットーリ 2000
1995/09/08 ドンカスター O&Kトロイステークス(L) 1 M.キネーン 2400 稍重
1995/08/15 ヨーク グレートヴォルティジュールステークス(G2) 2 M.キネーン 2400
1995/07/08 サンダウン エクリプスステークス(G1) 2 M.キネーン 2010
1995/06/25 ロンシャン パリ大賞(G1) 2 M.キネーン 2000
1995/05/09 チェスター チェスターヴァーズ(G3) 4 W.スウィンバーン 2500
1995/04/29 サンダウン クラシックトライアル(G3) 2 W.スウィンバーン 2000
1994/10/08 アスコット 条件戦 2 W.スウィンバーン 1400
1994/09/21 チェスター 未勝利戦 1 L.デットーリ 1400 稍重
1994/09/06 レスター 未勝利戦 5 J.リード 1400

距離別

距離 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対 3着内率
~1400m 1 1 0 1 3 33% 67% 67%
1401m~1800m 0 0 0 0 0 0% 0% 0%
1801m~2100m 4 3 0 0 7 57% 100% 100%
2101m~ 4 4 0 2 10 40% 80% 80%

馬場状態別

馬場状態 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対 3着内率
良馬場 6 7 0 2 15 40% 87% 87%
稍重馬場 2 1 0 0 3 67% 100% 100%
重馬場 1 0 0 1 2 50% 50% 50%
不良馬場 0 0 0 0 0 0% 0% 0%