DATA SEARCH

競馬データ検索

データ検索
  • オクタゴナル

    Photo by Getty Images

プロフィール

2歳戦や短距離路線の充実が世界的に知られる豪州競馬界で、1990年代に活躍を見せたのがオクタゴナルだ。

オクタゴナルはデビュー2連勝で早くも重賞を勝ち、4戦目のサイアーズプロデュースSでG1初制覇と、そのキャリアは滑り出しから順風満帆だった。そして、3歳時の大活躍で歴史的な評価を決定づける。デビュー9戦目のコーフィールドギニーで3着に敗れ、初めて連対を外したオクタゴナルだが、次戦のコックスプレートでは年長馬たちを撃破し、3歳馬として11年ぶりの優勝。翌週のヴィクトリアダービーはナッシンライカデインに敗れたが、その後にひと息入れて迎えた秋に破竹の快進撃を見せる。

オクタゴナルは2月の初戦2着からシドニー地区の3歳三冠戦線へ臨むと、カンタベリーギニー(現在のランドウィックギニー)と2週後のローズヒルギニーを連勝し、残すはオーストラリアンダービーのみとした。しかし、驚いたことに翌週のメルセデスクラシックで古馬を撃破してからダービーへの連闘を敢行。ナッシンライカデイン、セイントリー、フィラントらを抑えて、5週でG1レース4勝の離れ業を演じて見事に三冠を達成する。1995/1996シーズンは豪州年度代表馬に輝いた。

ところが、明け4歳はコックスプレートでセイントリーの5着に敗れて連覇を逃し、次戦のマッキノンSでは生涯最悪の9着。春は7戦1勝と不振に陥った。それでも秋に向けて立て直すと、初戦2着から臨んだチッピングノートンSを制し、次戦のオーストラリアンCとメルセデスクラシック ではナッシンライカデインを寄せつけず3連勝。G1レース10勝に到達して豪州の歴代賞金王(当時)に上り詰め、次戦のクイーンエリザベスSで現役生活に幕を閉じた。

種牡馬入りしたオクタゴナルの実績は、初年度産駒のロンロが大活躍。父子で豪州史上初の年度代表馬に輝いた。ロンロは種牡馬としても成功し、王者の血は後世に受け継がれている。

基本情報

生年 1992
性別
毛色 青鹿毛
Zabeel
Eight Carat
母父 Pieces of Eight II
調教師 J.ホークス
生産者 Mr.P.Hogan, Cambridge Stud
馬主 Woodlands Stud Syndicate
通算成績 28戦14勝[14-7-1-6]

競走成績

開催日 場所 レース名 動画 着順 騎手 トラック 距離 馬場状態
1997/04/12 ランドウィック クイーンエリザベスステークス(G1) 2 S.ダイ 2000
1997/03/27 ローズヒルガーデンズ メルセデスクラシック(G1) 1 S.ダイ 2400
1997/03/10 フレミントン オーストラリアンカップ(G1) 1 S.ダイ 2000
1997/02/22 ウォリックファーム チッピングノートンステークス(G1) 1 S.ダイ 1600
1997/02/15 ウォリックファーム アポロステークス(G2) 2 D.ビードマン 1400
1996/11/02 フレミントン マッキノンステークス(G1) 9 D.ビードマン 2000
1996/10/26 ムーニーバレー コックスプレート(G1) 5 D.ガウチ 2040
1996/10/12 コーフィールド コーフィールドステークス(G1) 4 D.ビードマン 2000
1996/09/22 コーフィールド アンダーウッドステークス(G1) 1 D.ビードマン 1800
1996/09/14 ムーニーバレー ジョンFフィーハンステークス(G2) 5 D.ガウチ 1600
1996/08/31 コーフィールド メムジーステークス(G2) 7 D.ガウチ 1400
1996/08/17 ムーニーバレー マニカトステークス(G1) 6 D.ガウチ 1200
1996/04/06 ランドウィック オーストラリアンダービー(G1) 1 D.ビードマン 2400
1996/03/30 ローズヒルガーデンズ メルセデスクラシック(G1) 1 D.ビードマン 2400
1996/03/23 ローズヒルガーデンズ ローズヒルギニー(G1) 1 D.ビードマン 2000
1996/03/09 カンタベリー カンタベリーギニー(G1) 1 D.ビードマン 1900
1996/02/24 ウォリックファーム ホバートヴィルステークス(G2) 2 G.クックスリー 1400
1995/11/04 フレミントン ヴィクトリアダービー(G1) 2 S.スクライヴン 2500
1995/10/28 ムーニーバレー コックスプレート(G1) 1 S.ダイ 2040
1995/10/14 コーフィールド コーフィールドギニー(G1) 3 D.ガウチ 1600
1995/10/02 ランドウィック スタンフォックスステークス(G3) 1 G.クックスリー 1400
1995/09/16 ローズヒルガーデンズ ヘリテージステークス(L) 1 G.クックスリー 1300
1995/09/02 ランドウィック ロマンコンサルステークス(G3) 2 G.クックスリー 1200
1995/04/29 ランドウィック シャンペンステークス(G1) 2 G.クックスリー 1600
1995/04/17 ランドウィック サイアーズプロデュースステークス(G1) 1 G.クックスリー 1400
1995/04/08 ローズヒルガーデンズ ゴールデンスリッパ―ステークス(G1) 2 G.クックスリー 1200
1995/03/25 ローズヒルガーデンズ トッドマンスリッパートライアルステークス(G2) 1 G.クックスリー 1200
1994/12/03 ローズヒルガーデンズ ハンデ戦 1 M.エヴァンス 1100

距離別

距離 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対 3着内率
~1400m 5 4 0 2 11 45% 82% 82%
1401m~1800m 2 1 1 1 5 40% 60% 80%
1801m~2100m 4 1 0 3 8 50% 63% 63%
2101m~ 3 1 0 0 4 75% 100% 100%

馬場状態別

馬場状態 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対 3着内率
良馬場 12 5 1 4 22 55% 77% 82%
稍重馬場 0 0 0 0 0 0% 0% 0%
重馬場 2 2 0 2 6 33% 67% 67%
不良馬場 0 0 0 0 0 0% 0% 0%