競馬データ

Data

アニマルキングダム

アニマルキングダム

プロフィール

プロ野球の世界では、大谷翔平選手が投打ともに活躍するいわゆる“二刀流”が大きな注目を浴びているが、競馬界でも芝とダート両方で結果を残す二刀流は存在する。日本でもクロフネ、アグネスデジタルなど芝とダートのG1を勝っている馬は存在するが、アニマルキングダムは芝、ダートに加えてオールウェザー(AW)でも結果を出している“三刀流”だ。

アニマルキングダムは血統的な背景や幼少期の馬格などから、芝での活躍を嘱望されていたが、成長とともに体格も変わりデビューから2戦目までAWのレースに出走。4戦目のG3スパイラルSで重賞制覇を飾ると、次走でこれまで一度も使っていないダートのレース、米国3歳馬の頂点を決めるケンタッキーダービーへ挑戦する。

ダート実績ゼロのアニマルキングダムは単勝11番人気と完全な伏兵扱いだったが、3コーナー手前から鞍上ヴェラスケス騎手が早めにゴーサインを出すと、直線残り100mあたりでついに先頭へ。後続の追走も楽々と振り切り、2着ネーロに2馬身3/4差を付けて快勝。ダートレース初挑戦でケンタッキーダービーを制してみせた。

ダービー後は米三冠を狙いにいったアニマルキングダムだが、プリークネスSは2着、ベルモントSでは他馬との接触などアクシデントが重なって6着と苦杯を舐めた。さらに負の連鎖は続き、骨折が判明して休養を余儀なくされると、復帰後もドバイワールドCに向けての調整中に再び左後脚を骨折。本格的な戦線復帰は4歳秋まで待たねばならなかった。

陣営が復帰戦に選んだのは、芝のBCマイル。これには賛否両論の意見が飛び交ったものの、レースでは追い込んで2着と復活をアピールすることに成功した。5歳になったアニマルキングダムはG1ガルフストリームパークターフH(2着)を経て、前年は骨折で出走断念となったドバイワールドCへ。

2013年のドバイには、前哨戦を勝利したハンターズライト、ドバイでの実績もあるアフリカンストーリー、BCレディースクラシック連覇のロイヤルデルタなどの実力馬が顔を揃えた。レースでは、これまで後方待機策に徹していたアニマルキングダムだが、今回は積極的に前に行く競馬を展開。4コーナーではすでに先頭が視野に入る位置までポジションを上げ、直線に入るなり一気にスパート。そのまま後続に影さえ踏ませることなく、2着レッドカドーに2馬身差を付けて快勝し、ケンタッキーダービー以来となるG1制覇を果たした。

この後、アニマルキングダムは英国のクイーンアンSに出走。ケンタッキーダービー馬がロイヤルアスコットに参戦したのは77年ぶりのことだったが、調整不足もあってか結果は11着に終わった。このレースを最後に現役引退となったアニマルキングダムだが、全12戦で芝5回、ダート3回、AW4回と馬場を問わず疾走する姿は、新たな可能性と道を提示したと言えるだろう。

基本情報

性別 Leroidesanimaux
生年 2008 Dalicia
毛色 栗毛 母父 Acatenango
調教師 G.モーション 生産者(国) Team Valor
馬主 Arrowfield, Sheik Mohammed, Team Valor
生年 2008
性別
毛色 栗毛
Leroidesanimaux
Dalicia
母父 Acatenango
調教師 G.モーション
生産者(国) Team Valor
馬主 Arrowfield, Sheik Mohammed, Team Valor

距離別

距離 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対率 3着内率
~1400m 0 0 0 0 0 0% 0% 0%
1401m~1800m 3 4 0 1 8 38% 88% 88%
1801m~2100m 2 1 0 0 3 67% 100% 100%
2101m~ 0 0 0 1 1 0% 0% 0%

馬場状態別

馬場状態 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対率 3着内率
良馬場 5 5 0 1 11 45% 91% 91%
稍重馬場 0 0 0 0 0 0% 0% 0%
重馬場 0 0 0 0 0 0% 0% 0%
不良馬場 0 0 0 1 1 0% 0% 0%

競走成績

開催日 場所 レース名 着順 騎手 トラック 距離 馬場
状態
2013/06/18 アスコット クイーンアンステークス(G1) 11 J.ヴェラスケス 1600
2013/03/30 メイダン ドバイワールドカップ(G1) 1 J.ロザリオ AW 2000
2013/02/09 ガルフストリームパーク ガルフストリームパークターフハンデキャップ(G1) 2 J.ロザリオ 1800
2012/11/03 サンタアニタパーク ブリーダーズカップマイル(G1) 2 R.ベハラーノ 1600
2012/02/18 ガルフストリームパーク 条件戦 1 R.ベハラーノ 1700
2011/06/11 ベルモントパーク ベルモントステークス(G1) 6 J.ヴェラスケス ダート 2400 不良
2011/05/21 ピムリコ プリークネスステークス(G1) 2 J.ヴェラスケス ダート 1900
2011/05/07 チャーチルダウンズ ケンタッキーダービー(G1) 1 J.ヴェラスケス ダート 2000
2011/03/26 ターフウェイパーク スパイラルステークス(G3) 1 A.ガルシア AW 1800
2011/03/03 ガルフストリームパーク 条件戦 2 R.マラージ 1600
2010/10/23 キーンランド 未勝利戦 1 R.アルバラード AW 1800
2010/09/18 アーリントン 未勝利戦 2 J.アルバラード AW 1700
  • 友だち追加数
ページトップへ