競馬データ

Data

スキップアウェイ

スキップアウェイ

プロフィール

1998年の引退までに38戦18勝という戦績を残したスキップアウェイは、勝率が5割に満たないものの2着10回、3着6回と堅実に走り続け、エクリプス賞年度代表馬をはじめとした数々のタイトルを獲得。終わってみれば当時の米競馬史上2位の賞金を獲得していた。

スキップアウェイはデビュー戦で4着など2歳時は6戦1勝と決して目立つ馬ではなかった。明け3歳の初戦も鼻出血で競走中止と順調さにかけたが、幸いにして症状は軽く、これを機に予防薬(ラシックス)を使用し、さらにブリンカーも着用すると走りが一変。仕切り直しの条件戦で2勝目を挙げ、続くフロリダダービーでは3着、さらにブルーグラスステークスで重賞初制覇を飾り、クラシックへの道を切り開いた。

迎えたケンタッキーダービーでは12着に大敗したが、プリークネスステークスとベルモントステークスは2着と健闘。厳しい日程のこの三冠戦を皆勤したにもかかわらず、2週後にはオハイオダービーに出走し重賞2勝目を挙げる。その後のハスケル招待ハンデでついにG1初制覇。さらにカナダ遠征で2個目のG1勝利を手に入れたスキップアウェイは、続く3歳最終戦のジョッキークラブゴールドカップでシガーと対戦する。当時の最強馬を積極策から振り切り大金星を挙げ、この年エクリプス賞最優秀3歳牡馬に選出された。

充実期を迎えると思われた4歳シーズンだったが、始動戦から惜敗が続き9月まで2勝止まり。10月になってジョッキークラブGCを連覇し、ようやく4歳初のG1タイトルを手にする。次戦では日本からタイキブリザードも参戦したBCクラシックで6馬身差の圧勝を飾ってエクリプス賞最優秀古牡馬に選出。ただ、11戦4勝の年間成績で年度代表馬の座には手が届かなかった。

5歳時はシガーの引退に伴い、その主戦だった名手J.ベイリー騎手を鞍上に迎える。2月のドンハンデキャップを手始めに、前年は2着だったG1レース4鞍で雪辱の勝利を挙げるなど、9月まで無敗の快進撃を見せた。しかし10連勝と3連覇が懸かったジョッキークラブGCでは、歴戦の好敵手ジェントルメンと序盤から競り合った末に共倒れの3着に敗れてしまう。続くBCクラシックも6着に沈んで連覇を逃し、3着以上で実現するはずだったシガーの持つ最多獲得賞金記録(当時)の更新も逃した。

最後は連敗での幕引きとなったスキップアウェイのキャリアだが、この年はエクリプス賞年度代表馬と最優秀古牡馬のタイトルをダブル受賞。6年後の2004年には米競馬殿堂入りも果たしている。

基本情報

性別 Skip Trial
生年 1993 Ingot Way
毛色 芦毛 母父 Diplomat Way
調教師 H.ハイン 生産者(国) Anna Marie Barnhart
馬主 Carolyn Hine
生年 1993
性別
毛色 芦毛
Skip Trial
Ingot Way
母父 Diplomat Way
調教師 H.ハイン
生産者(国) Anna Marie Barnhart
馬主 Carolyn Hine

距離別

距離 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対率 3着内率
~1400m 0 1 0 1 2 0% 50% 50%
1401m~1800m 11 5 4 1 21 52% 76% 95%
1801m~2100m 7 3 2 2 14 50% 71% 86%
2101m~ 0 1 0 0 1 0% 100% 100%

馬場状態別

馬場状態 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対率 3着内率
良馬場 16 10 5 4 35 46% 74% 89%
稍重馬場 2 0 0 0 2 100% 100% 100%
重馬場 0 0 0 0 0 0% 0% 0%
不良馬場 0 0 1 0 1 0% 0% 100%

競走成績

開催日 場所 レース名 着順 騎手 トラック 距離 馬場
状態
1998/11/07 チャーチルダウンズ ブリーダーズカップクラシック(G1) 6 J.ベイリー ダート 2000
1998/10/10 ベルモントパーク ジョッキークラブゴールドカップ招待(G1) 3 J.ベイリー ダート 2000 不良
1998/09/19 ベルモントパーク ウッドワードステークス(G1) 1 J.ベイリー ダート 1800
1998/08/30 モンマスパーク フィリップH.アイズリンハンデキャップ(G2) 1 J.ベイリー ダート 1800
1998/06/28 ハリウッドパーク ハリウッドゴールドカップ(G1) 1 J.ベイリー ダート 2000
1998/05/30 サフォークダウンズ マサチューセッツハンデキャップ(G3) 1 J.ベイリー ダート 1800
1998/05/09 ピムリコ ピムリコスペシャルハンデキャップ(G1) 1 J.ベイリー ダート 1900 稍重
1998/02/28 ガルフストリームパーク ガルフストリームパークハンデキャップ(G1) 1 J.ベイリー ダート 2000
1998/02/07 ガルフストリームパーク ドンハンデキャップ(G1) 1 J.ベイリー ダート 1800
1997/11/08 ハリウッドパーク ブリーダーズカップクラシック(G1) 1 M.スミス ダート 2000
1997/10/18 ベルモントパーク ジョッキークラブゴールドカップ招待(G1) 1 J.ベイリー ダート 2000
1997/09/20 ベルモントパーク ウッドワードステークス(G1) 2 S.セラーズ ダート 1800
1997/08/23 モンマスパーク フィリップH.アイズリンハンデキャップ(G2) 2 S.セラーズ ダート 1700
1997/08/02 サラトガ ホイットニーハンデキャップ(G1) 3 S.セラーズ ダート 1800
1997/07/04 ベルモントパーク サバーバンハンデキャップ(G2) 1 S.セラーズ ダート 2000
1997/05/31 サフォークダウンズ マサチューセッツハンデキャップ(G3) 1 S.セラーズ ダート 1800
1997/05/10 ピムリコ ピムリコスペシャルハンデキャップ(G1) 2 S.セラーズ ダート 1900
1997/04/20 ローンスターパーク テキサスマイルステークス(L) 3 S.セラーズ ダート 1600
1997/03/01 ガルフストリームパーク ガルフストリームパークハンデキャップ(G1) 2 S.セラーズ ダート 2000
1997/02/08 ガルフストリームパーク ドンハンデキャップ(G1) 2 S.セラーズ ダート 1800
1996/10/05 ベルモントパーク ジョッキークラブゴールドカップ招待(G1) 1 S.セラーズ ダート 2000
1996/09/15 ウッドバイン ウッドバインミリオン(G1) 1 S.セラーズ ダート 1800
1996/08/24 サラトガ トラヴァーズステークス(G1) 3 J.サントス ダート 2000
1996/08/04 モンマスパーク ハスケル招待ハンデキャップ(G1) 1 J.サントス ダート 1800
1996/06/23 シスルダウン オハイオダービー(G2) 1 J.サントス ダート 1800
1996/06/08 ベルモントパーク ベルモントステークス(G1) 2 J.サントス ダート 2400
1996/05/18 ピムリコ プリークネスステークス(G1) 2 S.セラーズ ダート 1900
1996/05/04 チャーチルダウンズ ケンタッキーダービー(G1) 12 S.セラーズ ダート 2000
1996/04/13 キーンランド ブルーグラスステークス(G2) 1 S.セラーズ ダート 1800 稍重
1996/03/16 ガルフストリームパーク フロリダダービー(G1) 3 S.セラーズ ダート 1800
1996/02/10 ガルフストリームパーク 条件戦 1 S.セラーズ ダート 1700
1996/01/10 ガルフストリームパーク 条件戦 中止 J.ベイリー ダート 1700
1995/11/25 アケダクト レムゼンステークス(G2) 2 J.ベイリー ダート 1800
1995/10/29 ベルモントパーク カウディンステークス(G2) 2 R.ウィルソン ダート 1600
1995/10/06 メドウランズ 条件戦 3 R.ウィルソン ダート 1600
1995/08/16 モンマスパーク 未勝利戦 1 R.ウィルソン ダート 1600
1995/07/09 モンマスパーク 条件戦 2 C.マルケスJr. 1000
1995/06/16 モンマスパーク 未勝利戦 4 C.マルケスJr. ダート 1000
  • 友だち追加数
ページトップへ