海外競馬ニュース

News

ヒルズ調教師、ダッチコネクションでBCマイル波乱狙う

2016年10月31日 09:39

  • 友だち追加数

 チャーリー・ヒルズ調教師が、現地11月5日に米サンタアニアで行われるG1ブリーダーズカップ・マイルにて、ダッチコネクションでの番狂わせを狙っている。

 今年のBCマイルは、地元アメリカのマイル女王テピンと、ヘンリー・キャンディ厩舎のリマートが二強という下馬評。だがヒルズ師は4歳馬ダッチコネクションにも勝機はあると踏んでいる。

 今季のダッチコネクションは、7月に7ハロンG2レノックスSを制覇。その後は8月に6.5ハロンのG1モーリス・ド・ゲスト賞5着、9月に8ハロンG1ムーランドロンシャン賞6着だった。

 それでもヒルズ師はダッチコネクションが絶好調だと語り、「新たな馬場でタイムも早いが、とても弾力がある。スタートを決めてペースも向けば、いいレースをしてくれるだろう」と話している。

ページトップへ