海外競馬ニュース

News

​KYダービー馬オールウェイズドリーミング、復帰初戦は2着

2018年04月02日 10:48

  • 友だち追加数

 現地31日、米ガルフストリームパーク競馬場にてG2ガルフストリームパークハーデカーマイルステークス(ダート8ハロン)が行われ、約7か月ぶりに戦線復帰した昨年のケンタッキーダービー馬オールウェイズドリーミングが2着に敗れた。

 3馬身差で快勝したのは、J.バティスタ騎乗の伏兵コンクエストビッグイーだった。

 オールウェイズドリーミングは昨春に4連勝でG1ケンタッキーダービーを制覇。しかしその後は三冠レース第2戦のG1プリークネスステークス8着など勝利から遠ざかり、8月のG1トラヴァーズステークス9着後は体調不良で休養に入っていた。

 金星のコンクエストビッグイーはD.グリーンハータック厩舎の5歳馬で、今回が重賞初勝利となった。

ページトップへ